A-3 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

A-3 スカイウォーリアー

A-3A Skywarrior

A-3A Skywarrior

A-3は、ダグラス・エアクラフトによって開発され、アメリカ海軍が運用していた航空機。愛称はスカイウォーリアー(SkyWarrior)。
核攻撃を目的とした大型艦上攻撃機として開発され、後期には電子戦機空中給油機として用いられた。

概要[編集]

第二次世界大戦終了後、アメリカ海軍は核爆弾を搭載できる大型艦上攻撃機を求めていた。1940年代後半の核爆弾は技術的限界から大型のものしか製造できなかったため、核兵器運搬手段は大型機に限られ、核攻撃能力を保持していたのは大型の戦略爆撃機を保有するアメリカ空軍のみであった。

海軍はそれに対抗し、1946年から大型艦上核攻撃機として、ノースアメリカン AJ(A1J)サヴェージの開発を開始させていたが、引き続き新型の大型艦上攻撃機の開発を行うこととなった。

開発[編集]

1947年、アメリカ海軍は4社に「航空母艦より運用可能な、核爆弾の搭載を前提とした4.5tの爆弾搭載能力を持ち、3,700kmの戦闘行動半径を持つ艦上攻撃機」についての仕様要求を出した。これには、ノースアメリカン社のXA2J スーパーサヴェージダグラス社のXA3Dの二案が選定され、ダグラス社の案は1949年3月には正式な開発契約が締結され開発計画が開始された。

AJ サヴェージの拡大発展型でありターボプロップエンジン+補助ターボジェットエンジン混載型のノースアメリカン案XA2Jが主にエンジンの不調から開発が難航したのに比べ、後退翼に2基のターボジェットエンジンを搭載したダグラス社案の試作機は1952年10月28日に初飛行し高い性能を示し、採用が決定しYA3D-1と命名された。

配備[編集]

先行量産型YA3D-1に引き続いて生産された本格量産型A3D-11956年から海軍第1重攻撃飛行隊(VAH-1)を皮切りに部隊配備が開始された。運用できる航空母艦はSCB-27A改装を行ったエセックス級以降である。

1961年には、後継機のノースアメリカンA3Jヴィジランティ(後のA-5)の就役により生産を終了し、また核攻撃任務からは外された。
その後は大きな搭載能力を生かして電子戦機や写真偵察機、空中給油機に改装されている。

1962年にはアメリカ軍の名称整理により命名規則が変更されたため、A-3の呼称に変更されている。ちなみにこの命名規則の改正は、本機とA3Jの型番が紛らわしく、混乱を生じたのが理由のひとつであると言われる。

各種派生型に改造されたA-3は長期に渡って使用され、最終機の退役は1991年10月1日のことである。なお、アメリカ空軍においても改修型がB-66デストロイヤーとして用いられた。

機体[編集]

空母「レンジャー」に着艦するA3D-2(A-3B)1958年の撮影

A-3は艦上機であるが、全長23mにも達する、開発当時としては屈指の大型艦上機である。主翼は高翼配置の後退翼で、翼下のパイロンにターボジェットエンジンを片側一基ずつ搭載している。

武装は胴体内の爆弾倉に搭載する構造であり、中期生産型までは尾部に自衛用のリモコン式連装20mm機関砲を搭載していた。機銃は後の改装により電子妨害ポッドに置換されている。

また、胴体後部にはエアブレーキを装備している。

電子戦機型では、爆弾倉を与圧キャビンに改修しそこに操作員を収容したほか、アンテナが増備されている。

ベトナム戦争においては、機雷投下任務にも使用された。

要目(A-3B)[編集]

A3D-1 BuAer 3 side view.jpg
  • 全長:23.27m
  • 全幅:22.10m
  • 全高:6.95m
  • エンジン:P&W J-57-P-10 ターボジェット(推力:4.7t)2基
  • 最大速度:982km/h
  • 乗員:3名
  • 武装:爆弾など最大5.4t 20mm連装機関砲(初期のみ)



派生型 [編集]

XA3D-1
試作機。ウエスチングハウスJ40エンジン装備。2機製造。
YA-3A
旧呼称YA3D-1。先行量産型。P&W J57-P-6エンジン装備。XA3D-1よりの改修型も含め12機製造。
YRA-3A
旧呼称YA3D-1P。写真偵察型の試作機。YA-3Aから1機改修。
YEA-3A
旧呼称YA3D-1Q。電子戦(電波妨害)型の試作機。YA-3Aから1機改修。
EA-3A
旧呼称A3A-1Q。電子戦(電波妨害)型。YA-3Aから4機改修。
A-3A
旧呼称A3D-1。初期生産型。38機製造。
TA-3A
旧呼称A3D-1T。訓練機。
A-3B
旧呼称A3D-2。エンジンをJ57-P-10に換装。164機製造。
KA-3B
空中給油機型。A-3Bより83機が改修、EKA-3Bより11機が再改修。
NA-3B
各種試験用。A-3Bより2機改修。
EKA-3B
電子戦空中給油兼用型。A-3Bより8機、KA-3Bより34機(31機の資料もあり)が改修。
YRA-3B
旧呼称YA3D-2P。A-3Bの写真偵察型の試作機。
RA-3B
旧呼称A3D-2P。写真偵察型。29機生産。
ERA-3B
電子戦型。RA-3Bより8機改修
NRA-3B
各種試験用。RA-3Bより6機改修。
EA-3B
旧呼称A3D-2Q。電子戦ELINT)型。爆弾倉を与圧キャビンに改修し操作員を収容。25機製造。
VA-3B
VIP輸送用。爆弾倉に与圧式旅客キャビンを設置。EA-3Bより1機改修。
TA-3B
旧呼称A3D-2T。訓練機型。12機製造。
NTA-3B
TA-3Bを改修した各種試験用機。1機改修
UA-3B
TA-3Bを改修した汎用輸送機型。7機改修。
B-66 デストロイヤー
アメリカ空軍型。

参考文献[編集]

  • 『世界の傑作機 No.118 A-3 スカイウォーリア』(ISBN 978-4893191434)文林堂、2006