エド・ハイネマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エドワード・ヘンリー・ハイネマン
生誕 1908年3月14日
ミシガン州サギノー
死没 1991年11月26日(83歳)
国籍 アメリカ合衆国
職業 航空機技術者

エドワード・ヘンリー・ハイネマン(1908年3月14日 – 1991年11月26日)は、ダグラス・エアクラフト軍用機設計者。

経歴[編集]

ハイネマンはミシガン州サギノーで生まれたが、カリフォルニア州ロサンゼルスへと引っ越し、そこで少年時代を過ごした。彼は独学で航空工学を学び、1926年製図工としてダグラス・エアクラフトに加わったが、その年のうちに解雇された。インターナショナル・エアクラフトモーランド・エアクラフトノースロップでしばらく働いた後、ノースロップがダグラスを買収した際にダグラス・エアクラフトへと戻った。

ハイネマンは1936年にダグラス社でチーフ・エンジニアとなった。この役職は1960年ガイダンス・テクノロジーへと移るために退社するまで続けていた。1962年にはジェネラル・ダイナミクスの技術部門長となった。この役職においては、F-16の開発を監督した。引退は1973年だった。

彼の航空機設計の手法は非常に単純で、使用可能な中で最も強力なエンジンを用い、それを取り囲むようにデザインすることだった。

設計機[編集]

ハイネマンはダグラスに長く勤務し、20以上の軍用機を設計した。主な使用者はアメリカ海軍であり、それには航空史に残るものが含まれている。主な機種は以下の通り。

ハイネマンが初めて設計した航空機は1929年モーランドM1練習機で、これはパラソル翼単葉であった。この機は1929年からの大恐慌により、1933年に会社が消滅するまでごく少数しか販売されなかった[1]

受賞歴[編集]

海軍航空システム司令部は航空機設計について多大な貢献のあった個人・集団に毎年エドワード・H・ハイネマン賞を授与している。

出典・脚注[編集]

  1. ^ Orbis 1985, page 2560

参考文献[編集]

  • The Illustrated Encyclopedia of Aircraft (Part Work 1982-1985). Orbis Publishing. (1985). 
  • Edward H. Heinemann and Rosario Rausa, "Ed Heinemann - Combat Aircraft Designer", ISBN 0-87021-797-6