BTD (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ダグラス BTD デストロイヤー

BTDアメリカ合衆国ダグラス社がアメリカ海軍向けに開発していた艦上爆撃機である。愛称はデストロイヤー(DESTROYER)。開発の遅延等の理由により、少数の生産で終わった。

概要[編集]

1940年から建造を開始した新型航空母艦に搭載させる爆撃機として、ダグラス社は海軍よりXSB2Dとして1941年6月に発注をうけた。ダグラス社ではエド・ハイネマンを主任設計者として単発、複座・前輪式の爆撃機を試作に着手した。この機体は、アメリカ海軍の艦上機としては初めて層流翼を採用し、前輪式の機体に爆弾倉のスペースを確保するため逆ガル式の主翼を有した。
しかし試作機の製作が遅れ、完成した機体が初飛行したのは1943年4月のことであった。その直後、海軍は艦上急降下爆撃機と艦上攻撃機の役割を統合した、新しい艦上爆撃機の構想を打ち出した。これは、後部の防御用武装を廃止し単座の機体とするというもので、海軍はXSB2Dをこの仕様に改めることを条件に、BTD-1として345機発注した。

ダグラス社では、製作中だったXSB2Dの2号機を単座仕様に改めるとともに、量産機の開発に着手した。単座化にあたっては、コクピットを単座用に整形した他、尾翼形状の改修などが行われた。BTDの1号機は1944年3月に初飛行した。

しかし、このころダグラス社では新艦上爆撃機XBT2D(後のADスカイレイダー)の開発に着手しており、海軍も戦争の結果が見えつつあったことと、BTD自体の操縦性があまりよくなく艦上での運用が難しいと予想されることから、量産発注は25機のみとし、残りはキャンセルとなった。生産機は、訓練や試験に細々と運用された。

これとは別に、BTDをレシプロエンジンとジェットエンジンの混合動力化した機体の開発も行われXBTD-2と名付けられた。これは1944年5月に初飛行に成功したが、ジェットエンジンを使用しない時は350km/h以下の速度しか出ない等の問題も多く、計画は破棄された。

スペック[編集]

  • 全長:11.76m
  • 全幅:13.72m
  • 全高:5.05m
  • 自重:5,851kg
  • エンジン:ライト R-3350-14 空冷星型18気筒 2,300hp
  • 乗員:1名
  • 武装:魚雷・爆弾など最大1,905kg、20mm機関砲×2
  • 最大速度:554km/h
  • 航続距離:2,380km

関連項目[編集]