HVAR (ロケット弾)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
HVAR
2=300px
TBF アヴェンジャーの翼下に搭載されたHVA
HVAR
種類 ロケット弾
製造国 アメリカ合衆国
仕様
口径 127mm (5in)
全長 1.82 m (6ft)
重量 63.4 kg (140Ib)
銃口初速 1,529 km/h (950ml)
有効射程 4.83 km (3 ml)
歴史
設計年 1944年
製造期間 1944年-1955年
製造数 100万発以上
テンプレートを表示

HVAR第二次世界大戦朝鮮戦争アメリカ合衆国が、第一次インドシナ戦争フランスが運用した空対地ロケット弾で、高速航空ロケット(High Velocity Aircraft Rocket)の略である。愛称はHoly Moses

概要[編集]

推力不足で低速だったFFAR(Forward firing aircraft rocket)ロケットの改良型として行われた。また大型版としてタイニー・ティムロケットが製造された。主に戦車、列車、バンカーに対して用いられた。

第二次大戦中には二つの異なるバージョンが製造された。一方は弾底信管と先端信管を備えた多目的弾で、もう一方は先端信管だけの半徹甲弾である。第二次大戦後は近接信管成型炸薬弾頭を備えた対戦車用の新型が開発された。

直径は127mm、21kgの高性能炸薬弾頭を内蔵していた。最高速度は秒速425mで射程は約4.83km。合計で100万発以上ものHVARが生産された。生産終了は1955年である。