JATO

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カリフォルニア州マーチ飛行場GALCITブースターを装着したエルコ エルクーペにより行われた米国で最初のJATOを使用した離陸(1941年8月12日)

JATOジャトー)とは、Jet-fuel Assisted Take Off(ジェット補助推進離陸)の頭字語である。これは小型のジェット推進機の推力を利用して過荷重状態の航空機を離陸させる装置である。

厳密には、ロケットを使うRATOとは区別されるが、英語などではRATOもまとめてJATOと呼ばれている。 イギリス空軍ではRATOG(Rocket-Assisted Take Off Gear)と呼び、アメリカにおいては「ジェイトー」に近い発音をする。

初期の実験と第二次世界大戦[編集]

ロケットを使用してグライダーを離陸させる初期の実験は1920年代ドイツで行われており(リピッシュ エンテ)、後に英空軍ドイツ空軍の双方で第二次世界大戦中にこの装置が導入された[1]。英国の装置は、ドイツの偵察機に対するある程度の防衛のためにかなり大型の固体燃料ロケットを使用して航空機(典型的な機種はホーカー ハリケーン)をCAMシップとして知られる商船の船首に据え付けた短いランプから射出するというものであった。燃焼後にロケットは機体後部から投棄され、海面に落下後に沈んだ。任務が終了すると操縦士は可能であれば友軍占領地まで飛行するか、護衛艦船の1隻に拾い上げられることに望みを託してパラシュートで脱出した。2年にわたる期間でこの装置は僅か9回しか使用されなかったが、ドイツ軍機の8機撃墜を記録し1名の搭乗員を失った。

主翼下にRATOポッドを装着したアラドAr234

ドイツ空軍もこの手法を自軍の小型爆撃機と1940年英国侵攻作戦用に用意され、東部戦線への補給にも使用された巨大なメッサーシュミット Me 321「ギガント」グライダーの補助推進離陸に使用した。Me 321は3機の爆撃機に曳航されて離陸していたが、貨物を搭載した場合その離陸距離は非常に長くなっていた。戦争後期になり連合国軍の攻撃により使用可能な滑走路の長さがかなり短いものになってくると航空機の離陸距離の問題は特に重要になってきた。ドイツが使用した装置の典型的なものは、本質的にはほぼ純粋の過酸化水素であるT液の燃焼で稼動するヴァルター HWK 500 「シュタルトヒルフェ」(Starthilfe)ロケットエンジンであった。離陸後に投棄されるとロケットエンジンの前部に取り付けられたパラシュート・パックが開傘し、ロケットエンジン自体は再利用することができた。1937年ベルリンの東70 kmのノイハルデンベルクにある戦時には予備飛行場だった広大な飛行場で最初の実験がテストパイロットエーリヒ・ヴァルジッツの操縦でハインケル He 111を使用して行われた[2]。ドイツのその他の実験的なJATOの利用は、「ハイマートシュッツァー」(Heimatschützer)と呼ばれるより短時間で敵爆撃機編隊の高度まで上昇できるように改造された特別製のメッサーシュミット Me 262のような迎撃戦闘機を補助推進する目的のものであった。これには3タイプのRATOがあり、全てが液体燃料を使用するものであった。3タイプの中から2タイプの「ハイマートシュッツァー」版Me 262の試作機が製作され、飛行テストを行った。

1939年の初めに米国科学アカデミーは、ロケット補助推進による航空機の離陸に関する研究のためにセオドア・フォン・カルマングッゲンハイム航空研究所のロケット研究グループに対し1,000USドルを支給した。このJATO研究は、米国政府から資金援助を受けた最初のロケット研究であった[3][4]

第二次世界大戦後[編集]

雪上からRATOを使用して離陸するロッキード C-130輸送機

第二次世界大戦後にJATOは、当時のターボジェットエンジンの低速時の低推力特性のお陰で一般的なものとなり、離陸時にアームストロング・シドレー ヴァイパーを使用したアブロ シャクルトンのような大重量の航空機を離陸させるための手段として利用されるようになったが、ジェットエンジンの離陸時推力が増加するようになるとJATOは廃れていった。しかし、積載重量が大の航空機を短距離で離陸させる場合や「高地/高温」環境下での運用では現在でも使用され続けている。

類似した2つのゼロ距離発進の実験計画が1950年代遅くのほぼ同時期に米空軍ソ連空軍で実施された。米空軍はMGM-1 マタドール巡航ミサイルの固定燃料ブースターを使用したEF-84G と命名されたリパブリック F-84の改造型を用い、ソ連空軍はEF-84Gに使用されたものとほぼ同一の固定燃料ロケットブースターを使用し特製の発射台から射出されるSM-30と命名されたMiG-19戦闘機の改造型を用いた。ノースアメリカン F-100ロッキード F-104もゼロ距離発進の実験に使用された[5]ベトナム戦争では、旧南ベトナムに展開した海兵隊航空団が、本格的な滑走路が建設されるまでの一時期、A-4スカイホークなどにおいて離陸の補助としてJATOを(地上設置型カタパルトなどと共に)使用している。

クレディブル・スポーツ作戦は、離陸用・逆噴射用といった多数のロケットエンジンを装着して短距離での離着陸を可能とした改造型のロッキード C-130輸送機を使用してイランに囚われている人質を救出するという1980年代末の米国の軍事作戦であった。この作戦は、テスト着陸中に逆噴射用として装備されたRATO装置が早く点火しすぎたために機体が地面に叩きつけられた事故が発生したため中止された。これについてはイーグルクロー作戦の項も参照。

JATOの必要性[編集]

 航空機の総重量に対して滑走距離が短い場合や短時間で高空まで上昇させるなど、推進力が足りない場合にJATOが必要とされる。

JATOの都市伝説[編集]

JATO装置を装着した車が加速のあまり離陸し、山腹に激突しているのが発見された――という有名な話があり、しばしばダーウィン賞の一例として紹介される。ただし、このJATOカーをめぐる物語に根拠は無く、事実かどうか疑わしい都市伝説である[6]。この伝説はディスカバリーチャンネルの番組『怪しい伝説』で2回検証された。最初の検証は2003年のパイロット放送版の中で番組制作メンバーが商用販売されているアマチュア向けのロケットモーターを入手してこの場面を再現した。車は恐ろしく速く走り、追跡撮影用のヘリコプターを置き去りにするほどであったが、元の話で語られる300 mph (500 km/h) 辺りの速度には達せずに離陸するまでは至らなかった。この伝説は再度2007年に車を離陸させようという意図で前回と異なる構造のロケットを使用して検証されたが、車は発射台の先端に到達する前に爆発してしまった。

画像[編集]

出典[編集]

  1. ^ For operations from small flight decks with heavy loads, rocket-assisted take-offs were necessary.http://uboat.net/allies/aircraft/swordfish.htm
  2. ^ Warsitz, Lutz: THE FIRST JET PILOT - The Story of German Test Pilot Erich Warsitz (45ページ)、Pen and Sword Books Ltd.、イギリス、2009年
  3. ^ Malina, Frank J. (1967年). “Memoir on the GALCIT Rocket Research Project”. l'Observatoire Leonardo pour les Arts et les Techno-Sciences. 2010年12月16日閲覧。
  4. ^ Orders of Magnitude - A History of the NACA and NASA, 1915-1990, Ch. 2”. NASA (1989年). 2010年12月16日閲覧。
  5. ^ http://www.vectorsite.net/avzel.html
  6. ^ Carmageddon”. snopes.com. 2010年12月16日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]