TDN-1 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

TDN-1

有人飛行中のTDN-1

有人飛行中のTDN-1

TDN-1(Naval Aircraft Factory TDN-1)は、第二次世界大戦中にアメリカ合衆国で開発された無人航空機UCAV)である。アメリカ合衆国海軍海軍航空廠飛行爆弾として開発を開始した。

1942年から1943年にかけて開発とテストが行われ設計はそこそこ成功したが、より進歩した無人機の開発が視野に入り、完成時点で二線級の機体と見なされたTDN-1が作戦に用いられることはなかった。

開発[編集]

1940年代前半に実現した電波高度計テレビジョンの発達は、無線操縦の爆撃機雷撃機の実用化の可能性をもたらした[2]

1942年1月、海軍航空廠は無人機の開発を開始し、2月に実機の製作が承認された[3] 。3月にジョン・S・キーンをプロジェクト・マネージャーにして[4]、誘導システムにテレビジョンとレーダーを使用する航空機100機の製造計画が決定された[5]。 製造が決定されたTDN-1は、木造の機体に3本の固定脚、飛行試験のために通常のコクピットの増設スペースを確保したものであった[1]

従来の航空機の生産等の戦時中の優先度の高い計画を阻害しないために、軍需品の生産に関係ない企業が生産に動員され、最後の30機はミシガン州のボーリングのボールやビリヤードのテーブルを生産するブランズウィック(現在のBrunswick、当時Brunswick-Balke-Collender)で生産された[6]

運用[編集]

1942年3月、100機が発注された[7]。簡素で低性能な機体であり[8]、性能も実証されていたにもかかわらず、無人機としての作戦に用いるには、複雑かつ高価であると考えられた。TDN-1に代わり、より先進的な無人機インターステート・エアクラフト・アンド・エンジニアリングTDR-1の開発が進められることになった[7]。生産されたTDN-1は試験機連絡機練習機として用いられ、何機かは標的機として使用された[1]

派生型[編集]

練習空母セーブル上のTDN-1
  • XTDN-1:フランクリン O-300エンジン搭載、試作機4機生産[8]
  • TDN-1:生産型、100機生産[9]

要目[編集]

出典:TD Series[8]

  • 乗員: 0 - 1名
  • 全長: 11m(37フィート)
  • 全幅: 15m(48フィート)
  • エンジン: ライカミング O-435-2 水平対向エンジン2基
    • 出力: 各220hp (160kW)
  • 巡航速度: 233km/h
  • 武装:2000ポンド爆弾または航空魚雷1つ

出典[編集]

  1. ^ a b c Goebel, Greg (2010年). “The Aerial Torpedo”. Cruise Missiles. VectorSite. 2010年11月18日閲覧。
  2. ^ Parsch, Andreas (2005年). “Interstate BQ-4/TDR”. Directory of U.S. Military Rockets and Missiles, Appendix 1: Early Missiles and Drones. designation-systems.net. 2010年11月17日閲覧。
  3. ^ Naval Aviation News, Volume 55 (January 1973). p.12.
  4. ^ Trimble, William F. (1990). Wings for the Navy: A History of the Naval Airraft Factory 1917-1956. Annapolis, MD: Naval Institute Press. p. 263. ISBN 978-0-87021-663-3. 
  5. ^ Newcome, Lawrence R. (2004). Unmanned Aviation: A Brief History of Unmanned Aerial Vehicles. Reston, Virginia: American Institute of Aeronautics and Astronautics. ISBN 978-1-56347-644-0. http://books.google.com/books?id=fkKDPM7F7bMC&pg=PA8#v=onepage&q&f=false 2010年11月17日閲覧。. 
  6. ^ Cunningham, William Glenn (1951). The Aircraft Industry: A study in industrial location. Los Angeles: L.L. Morrison. ASIN B0007DXJL2. http://books.google.com/books?ei=A33lTPG6JsG88ga0wOHcDA&ct=result&id=4uAmAAAAMAAJ&dq=Naval+Aircraft+Factory+TDN&q=TDN#search_anchor 2010年11月18日閲覧。. 
  7. ^ a b Zaloga, Steven (2008). Unmanned Aerial Vehicles: Robotic Air Warfare 1917-2007. New Vanguard. 144. New York: Osprey Publishing. ISBN 978-1-84603-243-1. http://books.google.com/books?id=r92M0Z9xAe4C&printsec=frontcover&dq=Unmanned+Aerial+Vehicles:+Robotic+Air+Warfare+1917-2007&hl=en&sa=X&ei=T4AoT6y5NOPo2AWJ3d3bAg&ved=0CD0Q6AEwAA#v=onepage&q=TDN-1&f=false 2010年11月17日閲覧。. 
  8. ^ a b c Parsch, Andreas (2003年). “TD Series”. Directory of U.S. Military Rockets and Missiles, Appendix 1: Early Missiles and Drones. designation-systems.net. 2010年11月18日閲覧。
  9. ^ Trimble, William F. (1990). Wings for the Navy: A History of the Naval Airraft Factory 1917-1956. Annapolis, MD: Naval Institute Press. p. 267. ISBN 978-0-87021-663-3. 

参考文献[編集]