T-43 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

T-43

T-43

T-43

T-43とはアメリカ空軍が運用していた機上航法訓練機・練習機ボーイング737-200を基にしたものであり、主に機上航法・電子装置操作の訓練に用いられた。非公式な愛称として、ゲイター(Gator,navigatorより)[1]やフライング・クラスルーム(Flying Classroom)[1]があった。

概要[編集]

第二次世界大戦後、電子航法装置と電波航法は格段の進歩を遂げていた。機上の航法装置は複雑になり、その操作教育・訓練についても充分な機材が必要とされるようになった。1970年代のアメリカ空軍においてはT-29を用いていたが、旧式化したために、これを更新することとなった。ボーイング737-200とDC-9が比較検討され、1971年5月にボーイング737-200の採用が決定された。T-43Aと命名され、1973年4月10日に初飛行が行われ、部隊配備が開始された。

機体の外見は、アンテナが増備され、窓が減った以外は737-200からほとんど変化はない。ただし、燃料タンクは増量されている。機内には訓練生用のコンソールが12席と他に錬度が異なる訓練生用のコンソールが4席ある。通常の訓練生のコンソールは4席が背中合わせに一組となっており、その真ん中に教官が位置し、各訓練生を指導することとなる。

訓練機材はINSLORANVORTACAN電波高度計、地上走査レーダーなどであり、現在は訓練に使用されないものの天文航法用のペリスコープ型の六分儀も5基備えてある。

1973年から1974年にかけて19機が製造され、6機がアメリカ南方軍向けのCT-43輸送機に改装されている。

なお、1996年4月3日アメリカ合衆国商務長官ロン・ブラウンが搭乗したCT-43がクロアチアで墜落している。(アメリカ空軍IFO-21便墜落事故

2010年9月17日の飛行をもって退役している。

要目[編集]

  • 全長:30.48m
  • 全幅:28.2m
  • 全高:11.8m
  • 自重:31.1t
  • エンジン:P&W JT8D-9Cターボファンエンジン(推力 6.5t)2基
  • 最大速度:904km/h
  • 航続距離:4,830km
  • 乗員:2名 教官3名+訓練生12名+他4名

各型[編集]

T-43A
練習機型、19機製造[2]
CT-43A
輸送機型、6機改装[1]
NT-43A
レーダー試験機型(SN 73-1155) 、1機改装[3]

脚注[編集]

  1. ^ a b c B737.org.uk: The T-43A"The last..."
  2. ^ Andrade, John (1979). U.S.Military Aircraft Designations and Serials since 1909. Midland Counties Publications. p. 169. ISBN 0-904597-22-9. 
  3. ^ Boeing NT-43A Radar Test Bed”. Air-and-Space.com. 2011年5月20日閲覧。

参考文献[編集]

  • 航空ファン別冊 No.32 アメリカ軍用機1945~1986 空軍編 文林堂 雑誌コード 03344-8 1986年

関連項目[編集]