RC-135 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
RC-135 リベットジョイント

RC-135アメリカ空軍偵察機。愛称はRC-135U コンバット・セント、RC-135V/W リベットジョイント、RC-135S コブラボールのように型式ごとに異なる。C-135 ストラトリフター輸送機または、KC-135 ストラトタンカー空中給油機を改修し偵察・収集などの機能を組み込んだ機体である。

はじめは1964年に電子偵察機として改修されたが、その後信号収集機能や弾道ミサイル情報収集、弾道ミサイル実験の光学・電磁情報収集などの情報諜報機能を追加改修で装備し、同じ型式から他のそれぞれ違う形式に改修されたり、偵察機から輸送機や空中給油機への改修やその逆もあり、これら改修によって型番が複雑になっている。また、機体の任務性質上、機密性も高く正確な情報を把握するのは困難でもある。

現在はRC-135Sが3機、RC-135Uが2機、RC-135Vが8機、RC-135Wが9機、それぞれ運用されていると見られている。

日本国内では、KC-135の飛行隊が配備されている沖縄県アメリカ軍嘉手納基地へ飛来し、北朝鮮の弾道ミサイルを監視する任務に就くこともある。

偵察機各形式に対してはエンジンをP&WTF33からCFMインターナショナルF108に換装するリエンジンプログラムが進行中だが、最初に換装されたのはV型(63-7292)で、V型とW型から順次換装される予定である。

各型式について[編集]

KC-135A[編集]

以下の3機の KC-135 から、1961年に改修が開始された即席の偵察機。

  • 55-3121
  • 59-1465
  • 59-1514

KC-135R リベットスタンド/リベットクイック[編集]

1967年7月から改修が開始された3機の偵察機。以下の KC-135A がリベットスタンド/リベットクイックとなった。

  • 55-3121
  • 59-1465
  • 59-1514

1967年にネブラスカ州で 59-1465 が墜落した後の代替として、1969年に以下の KC-135A がリベットクイックとなった。

  • 58-0126

KC-135T コブラジョー[編集]

1970年に、 KC-135R リベットクイックが KC-135T コブラジョーに改修された。

  • 55-3121

後に、この機体は RC-135T リベットダンディーに改修された。

RC-135A[編集]

地図用の地形探査・航空写真撮影機。ほどなく任務が偵察衛星に置き換わり、人員輸送用に用いられた。 後に空中給油機へ改修。

RC-135C ビッグチーム[編集]

戦略偵察機として運用するため、当時配備前だった RC-135B に電磁情報収集用の機器を追加した機体。 前部胴体両側面に巨大なアンテナフェアリングを装着していたので外観上の大きな特徴となっていた。 全10機の RC-135C は後に7機が RC-135V リベットジョイント、3機が RC-135U コンバットセントに改修された。

RC-135D リベットブラス[編集]

1962年から以下の3機の C-135 を改修して作られた初期偵察機。

  • 60-356
  • 60-357
  • 60-362

後に空中給油機へ改修。

RC-135E リベットアンバー[編集]

以下のC-135Bを改修した、巨大なフェーズドアレイレーダーを搭載した弾道ミサイル観測機。

  • 62-4137

1969年に喪失している。

RC-135M リベットコード[編集]

1966年にRC-135Dの後継機としてC-135を改修。

  • 62-4131
  • 62-4132
  • 62-4134
  • 62-4135
  • 62-4138
  • 62-4139

外観は機首下のレーダーが前方に長く延長され、胴体後方下部にも電子機器を装備しフェアリングで形成されていた。 一時期、横田・嘉手納両基地で運用されたが、後にRC-135Wへ改修。

RC-135S リベットボール/コブラボール[編集]

弾道ミサイルの光学/電子情報収集機。 1962年にKC-135Aから次の1機改修運用されていたが1969年に喪失。

  • 59-1491

直後に以下のC-135B及びRC-135Xを改修。

  • 61-2662
  • 61-2663
  • 62-4128

なお、上記外に以下のC-135Bからの改修機があるが同機も1981年に喪失している。

  • 61-2664

同型機は外観に多くの計測機器やアンテナが飛び出していて形態に多くの種類があったのが特徴となっていたが 最新の形態はこれら飛び出していた機器を収納したフェアリングを装着し、後述のRC-135V/Wの形態に近いものとなっている。

RC-135T リベットダンディー[編集]

電磁情報収集機。

  • 55-3121

1985年に喪失。

RC-135U コンバットセント[編集]

信号情報収集機。外観に大きな特徴のある以前のC型のフェアリングを装着している。

  • 64-14847
  • 64-14849

以下の機体は後にRC-135Vへ改修。

  • 63-9792

RC-135V/W リベットジョイント[編集]

信号情報収集機。 V型はRC-135CとRC-135Uからの改修機。 改修に際しC型で装着されていた巨大アンテナフェアリングをスリムに再形成し、機首下のレーダーが前方に長く延長している。

  • 63-9792
  • 64-14841
  • 64-14842
  • 64-14843
  • 64-14844
  • 64-14845
  • 64-14846
  • 64-14848

W型はRC-135MとC-135Bからの改修機。 改修に際しV型と同じ形態のアンテナフェアリングを前部胴体両側面に装着し、M型で装備していた胴体後方下部のフェアリングを撤去している。

  • 62-4125
  • 62-4126
  • 62-4130
  • 62-4131
  • 62-4132
  • 62-4134
  • 62-4135
  • 62-4138
  • 62-4139

RC-135X コブラアイ[編集]

アメリカ空軍、陸軍の共同開発した弾道ミサイル情報収集機。

  • 62-4128

1995年にRC-135Sに変更された。


外部リンク[編集]