CFIT

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

CFIT (Controlled Flight Into Terrain) は、航空事故の一形態で、異常のない航空機(Airworthy Aircraft)が、異常のないパイロット(Qualified Pilot)によって操縦されている場合に、地形(Terrain) を誤解するなどして衝突の可能性に気付かないまま(Inadequate Awareness of Impending Collision)、山や地面、水面、地上障害物等に衝突する事故のことである。その多くはパイロットの操縦ミスや状況に対する誤った操縦に起因する。CFITと言う用語は1970年代後半にボーイング社エンジニアが命名したとされる[1]

パイロットの技量や経験に関わらず、CFIT は起こりうるものであり、その原因の多くは疲労や睡眠不足などによるパイロットの注意力の低下や方向感覚の喪失によるものである。CFITの多くに共通する状況としては、雲天や濃霧による視界の不良、山や丘陵などの隆起した地形への衝突、及び着陸降下中である事などが挙げられるが、必ずしもこれに限定されない。

現代においては対地接近警報装置 (GPWS・EGPWS) などの機器が整備され、CFIT の発生率は減少しつつある。特にアメリカ本土ではほとんどなくなっているが、現在の航空事故の死者の約4割は依然としてこの CFIT を原因とするものといわれている。

事故例[編集]

1950年以前[編集]

  • 1947年8月2日 - Star Dust airliner :記録されている初のCFIT事故。飛行中に現在地を見失い、地形を到着地のサンティアゴの空港と誤認し衝突したものと思われる。機体の残骸が発見されるまで実に50年を要した。

1950年代[編集]

1960年代[編集]

1970年代[編集]

1980年代[編集]

1990年代[編集]

2000年代[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]