アメリカン航空77便テロ事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アメリカン航空のボーイング757

アメリカン航空77便テロ事件 (American Airlines Flight 77) は、2001年9月11日に起きた、旅客機を狙ったハイジャック事件である。また、アメリカ同時多発テロ事件でハイジャックされたうちの1機でもある。事件にあった旅客機は、ボーイング757-223機体記号N644AA、1991年製造)アメリカン航空77便で、犯人たちの計画通り、ワシントンDCペンタゴンに激突し、機体は原形をとどめないほど大破した。事件後に、犯人はアルカーイダと判明した。事件発生日の日付9月11日は奇しくも1941年にペンタゴンが着工された日であった。

ハイジャッカー[編集]

アメリカン航空77便の航路

犯人は全員、サウジアラビア人。

事件当日のアメリカン航空77便[編集]

事件の概要[編集]

激突の瞬間

乗客58名・乗員6名が搭乗した77便は、AM8:51からAM8:54の間にかけて完全にハイジャックされた。ハイジャック直後に向きを北に変え、すぐに南へ転回し、しばらくして東へ進路を変えた。

最初の針路離脱から3分間(AM8:50:51秒まで)は、管制官と機長による正常な通信があったが、その後は通信不能となった。ペンタゴンへの激突の間に、2人の搭乗者が地上と電話で連絡を取っていた。

AM9:38、ペンタゴンに突入し爆発炎上。機体は大破した。激突の瞬間は、周辺の監視カメラなどによって撮影されていた。また、目撃者も大勢いた。映像によるとほぼ水平の状態で地面を滑走しながらペンタゴンに衝突。離着陸時の事故と違い、高速で建築物に激突・炎上したため機体の残骸は殆ど原形をとどめなかった。突入階の半分が改装中で使用されておらず、もし、これがなければ犠牲者数はWTCの犠牲者数を上回っていたと推測される。

突入時の映像が、2006年5月16日に公開された[1][2]

旅客機激突に対する異説[編集]

ボーイング機激突後のペンタゴン

77便のペンタゴン激突に関しては陰謀論者から様々な異説がある。最も代表的なものは、ペンタゴンに激突したのは77便ではなくミサイルだったとする説。この異説には批判もあるが、これらの異説を解釈しようとする調査結果なども数多くある。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ YouTube動画 "[1]" 9.11テロ ペンタゴンの監視カメラ(左) 3分23秒
  2. ^ YouTube動画 "[2]" 9.11テロ ペンタゴンの監視カメラ(右) 3分13秒

関連項目[編集]

外部リンク[編集]