空間識失調

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

空間識失調(くうかんしきしっちょう、: Vertigo: Vertigo)は、平衡感覚を喪失した状態。バーティゴ(vertigo)ともいう。

疾病[編集]

航空操縦[編集]

主に航空機パイロットなどが飛行中、一時的に平衝感覚を失う状態のことをいう。健康体であるとないとにかかわりなく発生する。

機体の姿勢(傾き)や進行方向(昇降)の状態を把握できなくなる、つまり自身に対して地面が上なのか下なのか、機体が上昇しているのか下降しているのかわからなくなる、非常に危険な状態。しばしば航空事故の原因にもなる。

濃いの中や夜間の飛行など、地平線水平線)が見えない状況で飛行する場合に陥りやすく、また視界が広くとも雲の形や風などの気象条件、地上物の状態などの視覚的な原因、機体の姿勢やG(重力加速度)の変化などの感覚的な原因によって陥ることがある。

身近な例では、大型の旅客機に搭乗した際、よほど窓の外を注視していなければ、空港の周囲を旋回しているのか、真っ直ぐに上昇しているのかが判別できなくなることも、常に重力が真下にかかるためにおこる、ひとつの空間識失調といえる。 真っ暗な海の上を飛ぶ場合などには、パイロットも無視界に近い状態のため、同じ感覚を覚えることになる。

視覚と体感の差によって引き起こされると思われがちであるが、それに限らない。 極端な例として、背面飛行をした状態で、1Gで緩上昇の操作を行うとする。 つまり、背面飛行をしたまま、1Gで緩やかに地面に向かって降下すれば、機内では、床に向かってGがかかるため、体感上は通常の緩上昇と全く変わりない感覚でしかない。

高機動の結果、海と空の区別がつかなくなることも

ジェット戦闘機では旅客機をはるかに越える運動能力のために、真昼でも海と空の区別がつかなくなることもある。

ベテランのパイロットといえども程度の差こそあれ必ず陥る症状でもある。空間識失調に陥った場合は、自身の感覚よりも水平儀や高度計、昇降計、航法表示器などの計器を信じて操縦することが最善とされる。ゆえに計器の誤差や故障は死活問題となる。

平衡感覚が錯誤するメカニズムの一例[編集]

人間は内耳にある三半規管の働きと、地(水)平線を目で見る視覚情報などを組み合わせて平衡感覚を保っている。三半規管は半円状の管内にリンパ液が入っており、身体(頭部)が傾くとリンパ液が管内を流れる。(第三者の視点で見れば、リンパ液は同じ位置に留まり管が動いている) リンパ液の流れを三半規管内の有毛細胞が感知すると「身体が傾いた」という情報を脳へ送る。

直進飛行中の航空機が極めて緩やかに傾いたり旋回し始めた場合、微量のリンパ液がゆっくりと流れる。ある程度、傾きが大きくなった時点でパイロットが気づき、急激に機体を水平状態に戻すと多量のリンパ液がそれまでとは逆方向に一気に流れ、水平状態でありながら「反対側に傾いている」という情報を脳に送る。 この時、地(水)平線など外の景色を目で見ていれば、ほとんどの場合、間違った情報は補正されて、身体の感覚は正しい状態を維持できる。 ところが、雲中や濃霧などで視覚情報が無いと補正されないので、身体の感覚と実際の姿勢は乖離したままになってしまう。

パイロットが注意すべき点[編集]

空間識失調に陥ったパイロットの心理には「自分の身体の感覚と計器が表示している姿勢はどちらが正しいのか」という葛藤が生じる。 パイロットは教育過程の学科講習で「空間識失調時は計器を信じなさい」と教わっている。 安全な室内では、心身共に平静な状態であり、容易に理解、納得できる。 しかし、現実の飛行・操縦時は緊張と疲労が伴い、高度によっては地上より酸素が薄い場合もあるため、思考力や判断力は低下し、パイロットが本来持っている知識や技術、判断力を100%発揮することは困難である。これを指して、パイロットの6割頭という言葉がある。特に飛行経験の浅いパイロットはトラブル発生時、墜落に対する恐怖心、精神的動揺が操縦・判断ミスの一因になる場合もある。

実際に空間識失調になると「計器が間違っている、故障している。自分の感覚が正しいはずだ」と考えがちになる。 飛行中の航空機はバンク角(機体の傾き)が大きく、更に固定翼機(飛行機)では飛行速度が遅い程、失速、スピンのリスクが増大する。 また、視程の低下(視界不良)時は急激な機体操作の他に「急に頭を傾けたり振ったりしてはいけない」とも言われている。

ユーロファイター タイフーンF-2など最新の軍用機では、パイロットが空間識失調に陥った時、エンゲージすれば原則としてどのような姿勢からも自動的に水平やや上昇姿勢に戻る姿勢回復モード(いわゆる「パニックボタン」)が用意されていることもある。

空間識失調が登場する作品[編集]

関連項目[編集]