空中衝突

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1966年6月8日XB-70 2号機(左側の大型機)とF-104(爆発した機体)との空中衝突直後を捕らえた映像。垂直尾翼を失ったXB-70もこのあと墜落した

空中衝突(くうちゅうしょうとつ)とは、飛行中の複数の航空機が接触する航空事故のこと。

概要[編集]

古くは1920年代からこの種の航空事故は度々発生していたが、特に第二次世界大戦後の旅客機の普及に伴う航空路の過密化に伴い、1950年代から1960年代アメリカで多発した。

主な原因として、航空管制のミスやパイロットによる周辺確認の不十分の他、空軍などの軍用機の訓練空域と民間航空機の航空路が接近しすぎていることなどがあるが、近年は、航空管制技術や航空機の衝突防止警告機能の性能向上に伴い、アメリカやヨーロッパなどの航空先進国における発生件数は減少傾向にあるものの、CIS諸国や発展途上国などの、航空需要の急増にインフラストラクチャーの整備が対応できない国々においては減少する傾向にはない。

また、一般の航空事故とは別に、航空ショーでのアクロバット飛行時などに発生することも多い。このような事故の場合、基本的に乗客を乗せての飛行ではないため、犠牲者数は抑えられることが多いものの、稀に地上の観客を巻き込むなど、二次的な被害を生むことがあり、そのような場合被害は大きなものとなる。

主な空中衝突事故[編集]

1930年代-1950年代[編集]

ツポレフANT-20
モスクワ上空をデモンストレーション飛行していたソビエト軍ツポレフANT-20マクシム・ゴーリキー」が、同じくデモンストレーション飛行していたツポレフI-5戦闘機と空中衝突し墜落、45人が死亡した。
日本飛行学校のアンリオHD.14複葉機が訓練飛行中に、東京市大森区森ケ崎町上空150mで、日本航空輸送フォッカー スーパーユニバーサル旅客機と衝突した。50名死亡。これが日本で初めての民間航空機同士による空中衝突事故である。
アメリカン航空28便(ダグラスDC-3)が、アメリカ陸軍航空隊のロッキードB-34ベンチュラ爆撃機と空中衝突し、カリフォルニア州チノキャニオン付近に墜落。12人死亡。
トランス・ワールド航空2便(ロッキード コンステレーション)とユナイテッド航空718便(ダグラスDC-7C)、アリゾナ州上空で空中衝突し、両機とも墜落。
ユナイテッド航空736便(ダグラスDC-7)とアメリカ空軍のノースアメリカンF-100Fスーパーセイバーネバダ州スローン市で空中衝突し両機とも墜落した。44人死亡。

1960年代[編集]

ユナイテッド航空826便(ダグラスDC-8-11)とトランスワールド航空266便(ロッキード-1049スーパーコンステレーション)がニューヨーク州郊外のミラー空軍基地上で空中衝突し両機とも墜落。134人死亡。
MEA航空265便(ビッカース・バイカウント754D)とトルコ空軍のダグラスC-47が、トルコ・アンカラ上空で空中衝突し両機とも墜落。乗客乗員と住人の合計87名が死亡した。
イースタン航空853便(ロッキード1049Cスーパーコンステレーション)とトランスワールド航空42便(ボーイング707)がニューヨーク上空で空中衝突。イースタン航空機は緊急着陸に成功し乗員乗客58名に怪我はなく、トランスワールド航空機も不時着に成功したものの乗員乗客54名のうち4名が犠牲となった。旅客機同士での空中衝突事故としては人的犠牲は最小にとどまった。
アメリカ合衆国エドワーズ空軍基地近辺でゼネラル・エレクトリック製エンジン搭載の軍用機を集めて同社の宣伝用フィルムを撮影する編隊飛行が行われたが、撮影終了後にF-104戦闘機がXB-70試作戦略爆撃機の垂直尾翼に激突。F-104は空中爆発し、XB-70も操縦不能に陥り墜落。戦闘機と爆撃機のパイロット2名が死亡した。
エア・ベトナムのダグラスDC-4アメリカ空軍F-4EファントムII戦闘機南ベトナムダナン空港上空で空中衝突し、エア・ベトナム機が墜落。77人死亡。戦闘機のパイロットは脱出。

1970年代[編集]

ヒューズ・エア・ウエスト706便(DC-9-32)がロサンゼルス国際空港を離陸直後に、低空飛行していたアメリカ海兵隊所属のF-4Bファントム戦闘機と空中衝突。旅客機の49名全員と戦闘機のパイロットが死亡。唯一、戦闘機のレーダー迎撃士官がパラシュートで脱出して生還した。双方の見張り不足が直接の原因であるが、戦闘機のトランスポンダーが故障していたうえに、航空管制センターに空域進入を通報していないなどの不手際が重なったためとされた。
全日空(ANA)58便(ボーイング727)が、岩手県雫石町上空ジェットルート内で[1]航空自衛隊松島基地(宮城県)所属のF-86F戦闘機と衝突し墜落。
イベリア航空504便(DC-9-32)と、スパンタックスコンベア990"コロナド"が、管制ミスによりフランスのラ・プランシュ上空で空中衝突し、イベリア航空機が墜落し計68名が死亡した。
ブリティッシュ・エアウェイズ476便(BAeトライデント3B)とイネックス・アドリア航空550便(DC-9-32)が、管制ミスによりユーゴスラビア(現:クロアチア)のザグレブ上空で空中衝突し、両機とも墜落した。この事故両機の乗客乗員全員と地上の住民1名の計177名が死亡した。
パシフィック・サウスウエスト航空182便(ボーイング727)がサンディエゴ国際空港(リンドバーグ・フィールド)に着陸進入中、教練中の小型機と衝突しサンディエゴ郡ノースパークの住宅街に墜落。142名死亡。ボーイング727の事故としては最悪といわれている。

1980年代[編集]

兵庫県明石市上空で毎日新聞社の取材ヘリコプターと朝日放送がチャーターしたヘリコプター(大阪エアウェーズ)が空中衝突。両機住宅街に墜落し朝日機の3人が死亡。毎日機の3人が負傷した。
アエロメヒコ航空498便(マクダネル・ダグラスDC-9)、ロサンゼルス国際空港へ着陸進入中に空路へ侵入してきた自家用機(パイパーPA-28)と衝突。82人死亡。
イタリア空軍 の曲芸飛行隊フレッチェ・トリコローリアエルマッキ MB-339が、ドイツラムシュタイン空軍基地で開催されていた航空ショーで飛行中3機が空中衝突を起こし墜落。 そのうち1機が観衆の中に墜落したため、地上の観客とパイロット合わせて75名が死亡、346名が負傷した。この惨事以降はドイツ国内のアメリカ空軍基地の航空ショーは開催されなくなった。

1990年代[編集]

スホーイSu-24(同型機)
イラン・エア・ツアーズツポレフTu-154Mと訓練中のイラン空軍スホーイSu-24戦闘機がカラジ空軍基地上空で空中衝突し基地内に墜落した。この事故でイラン・エア・ツアーズ機の乗客乗員132名とイラン空軍機のパイロット2名の計134名全員が死亡した。
エア・セネガルのデ・ハビランドDHC-6とガンビア航空日本航空機製造YS-11セネガルダカール上空で空中衝突し、エア・セネガル機が墜落し乗員3名が死亡した。
大阪府泉佐野市上空で朝日新聞社毎日新聞社の取材ヘリコプターが空中衝突。朝日機が墜落し3名死亡。毎日機は損傷を受けたが無事着陸できた。
サウジアラビア航空763便(ボーイング747-100)と、カザフスタン航空1907便(イリューシンIl-76)がインドニューデリー空港の北西上空を飛行中に空中衝突し、両機の乗客乗員全員計350名が死亡した。空中衝突事故では最多の死者を出した事故である。

2000年代-[編集]

南シナ海上空で中華人民共和国に対する無線信号傍受の偵察活動をしていたアメリカ海軍所属の電子偵察機 EP-3E中国人民解放軍海軍航空隊所属の J-8II 戦闘機が空中衝突。中国海軍機が墜落しパイロットが行方不明になった。
三重県桑名市上空を訓練飛行していた、ともに中日本航空(「中日本エアラインサービス」=現在の「エアーセントラル」の前身=とは別会社)所属のセスナ172P(JA4201)とヘリコプター(JA6787)が空中衝突。双方の乗員6人死亡、地上の1人が負傷した。また民家2棟も全焼した。原因は双方の見張り不足で、上空640mでヘリコプターのローターにセスナの主翼が接触し破損。双方が墜落した。
バシキール航空2937便(ツポレフTu-154M型機)とDHL611便(ボーイング757-200貨物機)が、ドイツのユーバリンゲン上空でスイス管制官の管制ミスにより空中衝突し墜落。71人が死亡した。
ブラジル国内線として運航中のボーイング737-800と、発注先へ納入するためにアメリカに向かっていたビジネスジェット機(エンブラエル・レガシー600)がアマゾン上空で空中衝突し旅客機が墜落。154人が死亡。
ニューヨーク、ハドソン川上空で上昇中だった観光用ヘリコプター(AS350)に後方から飛来してきた離陸直後の小型飛行機(パイパーPA32)の右翼が衝突、両機ともハドソン川に墜落した。観光用ヘリコプターには乗員1名と乗客5名(乗客はいずれもイタリア人)、小型飛行機には乗員1名、乗客2名が搭乗していたが全員死亡した[2]
ロシアのモスクワ郊外で同年8月18日に行われる予定だった国際航空ショー(MAKS)のリハーサルのためアクロバット飛行を行っていたSu-27戦闘機2機が空中衝突し墜落。うち1機が民家に墜落し3軒が炎上した。パイロット3名は脱出したがうち1名が死亡、1名は重傷を負った。また民家の住民ら5人も火傷等で負傷し、うち1人は重傷を負った[3]。死亡したパイロットは脱出中にパラシュートが炎上したとの報道もある[4]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]