連邦航空機事故調査局

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
連邦航空機事故調査局
Bundesstelle für Flugunfalluntersuchung
組織の概要
設立年月日 1998年9月1日
管轄 ドイツの旗 ドイツ
本部所在地 ドイツの旗 ドイツ ニーダーザクセン州 ブラウンシュヴァイク
ウェブサイト
BFUの本部

連邦航空機事故調査局(れんぽうこうくうきじこちょうさきょく ドイツ語: Bundesstelle für Flugunfalluntersuchung BFU 英語: Federal Bureau of Aircraft Accidents Investigation[1])はドイツにおける航空事故調査を行う連邦政府機関である。連邦交通建築住宅省外局であり[2][3]、本部はニーダーザクセン州ブラウンシュヴァイクに所在する[4]

西ドイツは航空機事故調査に関する手順書(Annex13)を含む国際民間航空条約1956年から批准しており、連邦航空局(Luftfahrt-Bundesamt)従属の機関として立ち上げられている。1980年国際民間航空機関の勧告により連邦交通局の管轄下に置かれ、1998年に連邦政府機関に格上げされている。

脚注[編集]

関連項目[編集]

管轄空域で発生した航空事故[編集]

外部リンク[編集]