C-40 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

C-40

C-40B 高官輸送機

C-40B 高官輸送機

C-40アメリカ海軍及びアメリカ空軍が運用している人員輸送機ボーイング737-700旅客機を軍用に導入したものである。高官/人員輸送及び兵站輸送に用いられている。A型が海軍、B/C型が空軍で運用されている。[2][3]

C-40A[編集]

タキシング中のC-40A

C-40Aはアメリカ海軍で兵站輸送に用いられている。愛称はクリッパー(Clipper)。GPSをはじめ、戦術航法装置(TACAN)や衝突防止装置などの航法装置を備えている。C-40Aは将来のGATM/FANS運用環境(RNP-1)に適合する。RVSMを備える。TACAN IIを搭載する。同様に強化された地上接近警報システムやウィンドシアー予測やヘッドアップディスプレイTACAN/UHF/IFF機能を備える。

C-9Bの後継機として導入され、海軍予備役によって運用されている。121名の人員または、貨物仕様、貨客両用仕様では70名の人員及び3枚の貨物パレットを搭載できる。

海軍は航空機の調達にあたり、標準的な商慣行を使用し、まず、6機の737-700Cが発注され、1999年に初飛行した。2001年4月21日に最初の4機の内の2機がフォートワース海軍航空基地の第59艦隊兵站支援航空隊(VR-59)に配備開始された。同年末、さらに2機がVR-59に配備されたほか、2002年8月に2機がフロリダ州ジャクソンビル海軍基地のVR-58に配備された。2006年までに追加で3機が発注され、2004年11月22日に7機目が、[4]2005年2月に8機目が、[5]2006年5月に9機目が[2]調達され、カリフォルニア州ノースアイランド海軍基地のVR-57に配備された。[6] 海軍ではC-9Bの代替を継続する為に最大23機追加発注する予定である。 クリッパーは現在、海軍予備役で運用されるC-9とは異なり、国際的な騒音と環境規制に適合する。燃料消費効率が優れており航続距離と積載量が増加した。[7]

C-40B/C[編集]

C-40BおよびC-40Cについては、アメリカ空軍で輸送機として運用されている。

C-40B[編集]

NAS North Islandのアメリカ海軍の艦隊補給支援飛行隊(VR) 57のC-40A

C-40Bは737-700BBJの軍用機種でC-137の後継機として、将官の輸送に用いられる。軍用機として通信機能が強化されており、高官輸送用にビジネスクラスの座席が用意されている。

2000年8月に発注され、2002年6月に初飛行し、12月から配備が開始された。2005年までに4機が製造されている。配備先は第89空輸航空団などである。C-40Bは軍と政府の高官の為に"空の事務室"になるように設計された。

C-40Bには大容量のデータ/ビデオと同様に暗号化された音声とデータ通信ができるようにブロードバンドの通信環境が備えられたことで、世界中のどこにいて仕事が出来るように機内からインターネットに接続でき、電話、衛星回線、テレビモニター、ファクシミリや複写機を備えている。C-40Bは同様にコンピューターを使用した旅客データシステムを備える。

C-40C[編集]

C-40CはC-22ボーイング727)の後継となる人員輸送機で、2007年までに6機が製造され、空軍予備役軍団などに配備された。空軍州兵空軍州兵局の空輸要員によって運行される。

商用オフザシェルフを使用する事でC-40Cは空軍の要求する仕様を満たす機体をリースする。C-40Cはこの方法で調達された初の軍用機である。

2002年10月にワシントンD.C.を拠点とする空軍州兵の第201輸送飛行隊は2機のC-40Cを調達した。2007年に空軍はイリノイ州のスコット空軍基地の第932飛行隊に3機のC-40Cを配備した。

派生型[編集]

C-40A
アメリカ海軍向け人員輸送機。9機製造。
C-40B
アメリカ空軍向け高官輸送機。4機製造。
C-40C
アメリカ空軍向け人員輸送機。6機製造。

要目(C-40A)[編集]

  • 全高:12.55m
  • 全幅:34.32m
  • 全長:33.63m
  • 自重:57,150kg
  • 全備重量:61,000 kg
  • 最大離陸重量:78,000 kg
  • エンジン:CFM56-7 SLST ターボファン(推力121kN)2基
  • 乗員:5名(ロードマスター含む)
  • 乗客数:旅客仕様の場合:121名、貨物使用の場合:8パレットの貨物、貨客両用仕様の場合:3パレットの貨物と乗客70名
  • 積載量:18,000 kg
  • 最大速度:990km/h
  • 実用上昇限度:12,500m
  • 航続距離:約5,600km
  • 飛行高度:12,500 m
  • 推力・重量比:0.407

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]