コンベア240

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Convair-240
Southwest Airlines aircraft.JPG
要目一覧
運航乗員 4
乗客 40(最大)
初飛行日 1947年3月16日
全長 22.80m
全幅 28.00m
高さ 8.20m
翼面積 75.9 m²
エンジン プラット・アンド・ホイットニーR-2800-CB-17双発
推進力 1,864 kW (2,500 hp)X2
機体重量 11,540 kg
最大離陸重量 19,280 kg
最大速度 507 km/h
巡航速度 451 km/h
航続距離 1930km
実用上昇限界 7,620 m
総生産数 176機

コンベア240(Convair 240もしくはCV-240)は、1947年からアメリカコンベア社によって生産されたレシプロ双発旅客機である。

コンベア240には胴体延長型としてコンベア340コンベア440があり、一連のシリーズとしてコンベア240/340/440といった呼ばれかたをする場合もある。またそれぞれをターボプロップ化したコンベア580/600/640もあるが、本稿ではコンベア240についてのみ論述する。

概要[編集]

開発の経緯[編集]

第二次世界大戦中に大量に生産された、ダグラスDC-3の買換えのために、1945年に与圧したキャビンを持つ旅客機としてアメリカン航空の求めに応じて開発計画がスタートされた。

当初、コンベアは30人乗りの双発旅客機としてモデル110を開発し、1946年7月8日に初飛行したが、アメリカン航空は方針を転換し、より大型の40人乗りの開発を求めた。そのためモデル110は解体され、改めて開発されたモデル240はCV-240と称された。

就航[編集]

コンベア240の1号機は1947年3月16日に初飛行した。生産航空機は1948年2月28日に最初に引き渡され、ウエスタン航空コンチネンタル航空などのアメリカの航空会社をはじめ、KLMオランダ航空東亜航空など世界各国の航空会社に176機が引き渡された。

日本のコンベア240[編集]

日本では、1950年代には非幹線のローカル路線でコンベア240が17機運用されており、北日本航空富士航空日東航空東亜航空南西航空が使用していた。

軍用型[編集]

C-131 Samaritan

コンベア240は将官や戦傷者輸送のためにアメリカ空軍で輸送機として運用され、C-131サマリタン(C-131 Samaritan)と称されていた。この後継機がC-9ナイチンゲール(DC-9)である。また、アメリカ空軍でもT-29として使われた。

エピソード[編集]

コンベア240は、アメリカ大統領選挙で候補者の専用航空機として初めて使われた機体でもある。1960年の大統領選挙時に、その後大統領に就任することとなったジョン・F・ケネディがコンベア240”キャロライン”を利用しており、この機は、現在航空宇宙博物館で保存されている。

関連項目[編集]