ガルフストリーム V

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ガルフストリーム V

ガルフストリーム V(Gulfstream V)は、ガルフストリーム・エアロスペースが開発・製造しているビジネスジェット機。初飛行は1995年。生産機数は190機以上。

概要[編集]

前作ガルフストリーム IVの全面的な改良・拡大型である。1992年から開発が開始され、1995年11月28日に初飛行した。胴体の基本構造は同じであるが、全長、主翼構造とも見直され、拡大されている。基本形状は変わらず、主翼は低翼配置の後退翼であり、主翼端にはウィングレットがある。エンジンは胴体後部左右に1基ずつ設置され、T字尾翼を有する。

航続性能は非常に優秀であり、最大航続距離は10,000km以上に達する。そのため、交代乗員用の設備も備えている。

優秀な航続性能のため、民間向けVIP輸送機としてのみならず、政府機関においても重用され、アメリカ合衆国ではC-37Aとして陸海空海兵4軍のみならずアメリカ沿岸警備隊FEMAなどでもVIP輸送機として運用されている。日本の海上保安庁では2機を採用し、捜索機「うみわし」[1]として用いられている。

採用国(軍/政府機関)[編集]

海上保安庁のガルフストリーム V「うみわし」


要目[編集]

  • 全長:29.4m
  • 全幅:28.5m
  • 全高:7.87m
  • 自重:21t
  • エンジン:ロールス・ロイス BR710 ターボファンエンジン(推力6.7t)2基
  • 巡航速度:904km/h
  • 最大航続距離:10,742km
  • 乗員:2名
  • 乗客:最大19名(仕様により異なる)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]