C-141 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

C-141 スターリフター

C-141アメリカ空軍が運用していた軍用輸送機。製造会社はロッキード社(現在はロッキード・マーティン社)である。愛称は「スターリフター(Starlifter)」。

概要[編集]

1960年11月15日にアメリカ空軍は、仕様運用要求(SOR, Specific Operational Requirement)182と名付けた新型輸送機に関する提案要求書をまとめた。27tの貨物を搭載して3,500海里を飛行でき、低空からの物資および空挺部隊の投下が行える機体が要求された。同年12月21日ボーイングダグラスコンベアロッキードの4社に提案要求書が出された。

各社がそれぞれ設計案を提示したが、C-130 ハーキュリーズ輸送機の開発に成功していたロッキード社が優位な立場にあることは明らかであり、1961年3月13日に予想通りロッキード社の設計案が選定され、C-141として採用された。

機体の開発は、地上における輸送・積み込みシステムとの一体化を考慮して行われている。そのため、貨物室は463Lパレットシステムに適合したものとして設計された。1961年8月に発注が行われ、量産初号機の初飛行は1963年12月17日ライト兄弟の動力初飛行記念日)に初飛行している。

1964年10月からアメリカ空軍軍事航空輸送部(MATS)の第443空輸航空団への配備が始まり、1965年4月23日にはベトナム戦争の支援空輸活動に投入され、これが初の実戦投入となった。その後、湾岸戦争の際も空輸活動を行っている。

C-141は後継機としてC-17 グローブマスターIII戦略戦術輸送機の配備が1993年7月から開始されたのに伴い、2004年9月16日に2機のC-141Bが第305空輸航空団から退役し、航空機動軍団からは姿を消した。空軍予備役軍団では第445空輸航空団が最後の配備となり、2003年9月26日イラクでの空輸ミッションがC-141にとっての最後の実働ミッションとなった。2006年4月7日にC-141C(#166)がラストフライトを終え、同年5月5日には1973年ハノイからアメリカ本土へ捕虜を輸送し、ハノイ・タクシーのニックネームを持つC-141C(#177)が国立アメリカ空軍博物館までのメモリアルフライトを実施。これを最後にC-141全機が空軍から退役した。なお、アメリカ以外の国での採用、運用実績はない。

なお、C-141Aの民間向けデモンストレーション機・L-300が1機製造されたが、量産は行われず、後にアメリカ航空宇宙局カイパー空中天文台となっている。

機体構成[編集]

細長い機体

機体構成は軍用輸送機としては一般的なものであり、細長い与圧式の胴体に主翼を高翼で配置し、4基のプラット・アンド・ホイットニー社製TF33ターボファンエンジンをパイロンを介して主翼に取り付けていた。主翼の後退角は25度、尾翼はT字型尾翼で、後部胴体には車輛の自走搭載も可能にするランプ付きのクラムシェル型貨物扉を備えていた。

C-141Aは兵員138名または担架80床を輸送できた。463Lパレットについては10枚搭載できる。ミニットマン大陸間弾道ミサイルの輸送もできることも高評価に結びついた。1969年にC-141Aは284機が生産されて終了し、C-5 ギャラクシー戦略輸送機の導入が開始されたが、C-141AはC-130とC-5の間を埋める能力を持つ輸送機として、アメリカ空軍の空輸戦力の一翼を担い続けた。ただし、貨物室容積の不足という欠点があった。容積は慎重に計算されたものであったが、実際の運用では最大ペイロードに達していないのに貨物室が満杯になってしまい、それ以上の積載が不可能になる事態が度々生じた。

その欠点の改善と、C-141Aにさらなる能力が求められるようになったことから、C-141Aに大規模な改修を加えることが決定された。改修原型機YC-141Bは1977年3月24日に初飛行し、それを受けて1982年までに270機のC-141AがC-141Bへと改修された。C-141Bでの主な改修点は、胴体を主翼の前後で7.11m延長し、貨物室容積を約30%増加させた。機首部上部にはユニバーサル空中給油受油口を付け、フライング・ブーム式での空中給油を可能にしたなどで、機体寿命の延命と能力向上が図られている。搭載量は兵員205名(空挺部隊168名)または103床に増加、463Lパレットについては13枚となった。なお、1994年には、特殊部隊の作戦用にSOLL II(Special Operations Low-Level II) と呼ばれる改修が13機に対して施され、夜間低空飛行を行うための改修がされている。

改修されたコックピット

1990年代中盤には、C-141Bに近代化改修を施すことが決定され、1997年から1999年にかけて63機がC-141Cに改修された。C-141Cでは全天候飛行操縦装置(AWFCS)、GPS強化航法装置(GPSENS)、デジタル式燃料量表示システム(FQIS)、空輸防御システム(ADS 携行式地対空ミサイル警報および対応装置)、Lバンド衛星通信(SACOM)システム、衝突防止装置(TCAS)の装備が行われ、コクピットはグラスコックピット化されている。

派生型[編集]

C-141A
初期生産型。
YC-141B
改修原型機。
C-141B
A型よりの改修。胴体のストレッチ、空中給油装置の追加など。
C-141SOLL II
B型の特殊部隊向け。13機改修。
C-141C
コクピットをデジタル化するなどの近代化改修型。C-17導入までの措置として63機改修。
L-300
民間機型、量産されず。

性能諸元(C-141B)[編集]

  • 全幅:48.74m
  • 全長:51.29m
  • 全高:11.96m
  • 主翼面積:299.9m²
  • 空虚重量:67.186t
  • 最大離陸重量:146.558t
  • 最大ペイロード:41.222t
  • プラット・アンド・ホイットニー TF33-P-7ターボファン×4
  • エンジン推力:93.41kN
  • 最大巡航速度:492kt(高々度)
  • 経済巡航速度:430kt
  • 海面上昇率:890m/min
  • 実用上昇限度:12,496m
  • 航続距離:2,550km(最大ペイロード時)/5,550km(フェリー時)
  • 乗員:5~6名
  • 兵員:205名
  • 武装:なし

関連項目[編集]

外部リンク[編集]