F-102 (戦闘機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

F-102 デルタダガー

アラスカ上空を飛行するF-102A (1958年1月)

アラスカ上空を飛行するF-102A (1958年1月)

YF-102 YF-102A
YF-102
YF-102A

F-102ジェネラル・ダイナミクス社のコンベア部門が開発し、アメリカ空軍に制式採用された戦闘機(要撃機)。愛称はデルタダガー(Delta Dagger)。初飛行は1953年

俗にセンチュリーシリーズと呼ばれる一連のもののひとつである。

概要[編集]

アメリカ空軍は北米大陸に来襲すると想定されたソ連の核武装爆撃機を要撃する目的で、1949年から新型迎撃機の検討に着手した。1950年にMX1154として新型迎撃機の提案要求が航空機メーカーで出され、コンベア社案がF-102として採用された。開発契約は1951年に結ばれている。F-102の機体形状はインテイクを胴体側面に持つ単発デルタ翼機で、垂直尾翼も三角翼と、前作XF-92に続き、コンベアに在籍していたドイツ人技術者であるアレキサンダー・マルティン・リピッシュのコンセプトが色濃く発揮されている。

1951年12月にYF-102が正式発注されたが、これは試作機を表すY記号がついているものの純粋な試作機をパスして、いきなり量産準備型の生産に入る「クック・クレイギー・プラン」方式で開発が急がれた。先に生産ラインを組み、スローペースで量産準備型を製作しつつ並行してテストを行い、結果を本格量産型にフィードバックすることで開発期間の大幅短縮を目論むものだったが、基本設計に問題が発見された場合には、混乱を招くリスクがある。本機の場合は、ボマー・ギャップの解消を早急に行う目的と、先行して開発されたXF-92のデータが活用できるため問題は少ないと考えられた。しかしながら後述の通り、本機はクック・クレイギー・プランの最悪例になってしまった。

F-102の最も有名な逸話にエリアルールの初採用がある。YF-102の初号機は1953年10月24日に初飛行したが間もなく墜落し、開発は試作2号機の完成まで遅延した。YF-102は10機製造され、各種試験・改装が行われたものの、音速領域で衝撃波の発生により抵抗が急増する抵抗発散のため、風洞試験の予測通り水平飛行で音速を超える事はできず、一時は計画中止も危ぶまれた。

そのため11号機(YF-102A)以降において、エンジンをP&WJ57-P-11(A/B推力:6,804kg)から同P-23(7,258kg)に増強すると共に、NACAラングレー研究所リチャード・ウィットカムRichard T. Whitcomb)が発見したばかりのエリアルール理論を基に、抜本的に改設計してようやく音速を超えることができた。機体の断面積変化を滑らかにすると抵抗が減少するという単純な法則で、機体の主翼部取付部は断面積が急増するので、これを相殺するため胴体中央部のくびれと尾部の張り出しを設け、断面積勾配をなだらかにするもので、その他にも胴体延長、キャノピー変更、主翼の大きな前縁キャンバーと端部捻り上げ等、別機と言って良いほど外観が変更された。

電子装置の開発も遅延し、新型の火器管制装置MX1179の完成は間に合わなかったため、当初はF-86D由来のE-9(後のMG-3)を装備している。MG-3は後にMG-10に更新されたほか、1960年代に入るとSAGEシステムの整備に従い、これとリンクし半自動的要撃が可能となっている。

YF-102Aは1954年12月20日に初飛行し、翌21日には音速突破を果したが、既にマッハ2級を目指したロッキード F-104が同年2月に進空した後だった(実際にマッハ2を突破するのは翌年)。量産型のF-102Aは翌1955年から配備開始されたが、クック・クレイギー・プランによって既にYF-102用の生産治具が用意されてしまっており、F-102Aの量産に当ってそれらの大半を作り直さねばならず、多大な時間的・金銭的浪費と資材の無駄をもたらした。

固定機銃はなく、通常弾頭型AIM-4 ファルコン空対空ミサイル又は核弾頭型AIM-26Aファルコン(最大6発)と、2.75インチ空対空ロケット弾を、機内弾倉に搭載できた。デルタ翼特有の広大な機内スペースにより燃料搭載量が多く、超音速機としては空中給油の援助なしでも滞空時間が長く哨戒任務には適していたが、依然アンダーパワーで加速性・上昇力に劣り、また当時の電子機器の耐G性の低さから機動に強い制約があり、対戦闘機戦闘は回避するよう厳命されていた。

F-102の低性能は空軍を失望させ、より性能の優れた要撃機の開発が急務となった。新型の火器管制装置MX1179を搭載し、空力的改良とパワーアップも加えた改良型:F-102B計画は、1956年F-106として制式採用された。しかし非常に高価であったため、F-106配備数は340機に留まった。そのため空軍は、元来は別目的の機体であったF-101戦闘機を、補完目的の要撃機として制式採用している。

また、サイド・バイ・サイド式の座席配置の練習機型TF-102も120機が製造された。操縦席が横に広がったため、エンジンのインテイク部分がF-102Aと大きく異なる。単座型と同じ火器管制装置と武装を有し、戦闘練習機とする目論見だったが、操縦席周りの抵抗増からダイブ時以外音速を超えられない鈍足振りで、純粋な練習機として運用された。本機の失敗を教訓として、これ以降単座戦闘機を改造して練習機兼用の複座型を派生する際には、タンデム配置にするのが通例とされている。

運用[編集]

1955年より量産開始され、総計879機が生産された。アメリカ空軍においては、北米大陸防空が主任務であったため、国外派遣されるまで交戦記録はない。

1959年から後継機であるF-106の配備が始まったため、本土外への配備を開始した。西ドイツオランダNATO諸国や、日本横田基地板付基地三沢基地などに展開している。なおその際には、旧式となったF-86の全天候型・F-86Dが、同盟諸国に供与されている。

1961年からはタイ王国に進出し、アメリカ空軍がベトナム戦争初期に運用した戦闘機として、1962年から1970年に掛けてベトナムにおける空対空戦闘に投入され若干の損失を出している、また地上攻撃にも使用された。なおF-106については生産数が限られた事から、F-102のような本土外配備はほとんどなされなかった。

旧態化した1969年以降は、ギリシャ空軍トルコ空軍にも供与されている。トルコ空軍のF-102は1974年のギリシャ空軍との戦闘で、2機のF-5戦闘機を撃墜する戦果をあげている(ギリシャ空軍のF-102の戦果の記録は無い)。

アメリカ空軍では1960年代後半より順次退役し、1970年までに全機退役した。以降は空軍州兵において1976年まで運用されている。アメリカ空軍所属機は、用廃後200機以上がPQM-102A無人標的機に改造され、1970年代を通じ消尽された。

各型[編集]

  • YF-102 - 初期試作機
  • YF-102A - 改良型試作機
  • F-102A - 単座全天候要撃機。889機生産。
  • TF-102A - 複座訓練機。111機生産。
  • F-102B - F-106A デルタダートの開発初期の名称。
  • QF-102A - 複座有人標的ドローン(F-102Aから改造)
  • PQM-102A - 無人標的ドローン。1973年以降、200機以上がF-102Aから改造。
  • PQM-102B - 無人標的ドローン

仕様(F-102A)[編集]

F-102 透過図
F-102A 三面図

出典: The Great Book of Fighters[1]

諸元

性能

  • 最大速度: 1,304 km/h (704 kt) (12,190 m(40,000 ft)時)
  • 航続距離: 2,175 km (1,170 nm)
  • 実用上昇限度: 16,300 m (53,400 ft)
  • 上昇率: 66 m/s (13,000 ft/min)
  • 翼面荷重: 172 kg/m2 (35 lb/ft2
  • 推力重量比: 0.70

武装

お知らせ。 使用されている単位の解説はウィキプロジェクト 航空/物理単位をご覧ください。


脚注[編集]

  1. ^ Green, William and Gordon Swanborough. The Great Book of Fighters. St. Paul, Minnesota: MBI Publishing, 2001. ISBN 0-7603-1194-3.

その他[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • コンベアF-102デルタダガー(世界の傑作機 No.81)文林堂 2000年 ISBN 9784893190789
  • ミリタリーエアクラフト 1994年1月号 「アメリカ空軍戦闘機 1945-1993」 P.68 デルタ出版
  • 航空ファン別冊 No.32 アメリカ軍用機1945~1986 空軍編 文林堂 雑誌コード 03344-8 1986年