ラングレー研究所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラングレー研究所

ラングレー研究所(ラングレーけんきゅうじょ)はNASAの最古の研究施設。アメリカ合衆国バージニア州ハンプトンに位置している。ラングレー空軍基地とパーコウサン港に接している。主に航空機研究に焦点を合わせる施設であり月面着陸機の飛行シミュレートをはじめ、多くの高名な宇宙機、航空機の計画と設計が行われている。

1917年NACAによって設立され、現在は施設の2/3を航空工学研究に1/3を宇宙機開発に使用している。航空機の改良、宇宙機の安全、性能、効率性などの研究のために40以上の風洞実験室を使用している。NASAがマーキュリー計画を進めていた1958年から1963年、ラングレー研究所は移設された有人飛行センター(現在のジョンソン宇宙センター)と共に有人宇宙飛行計画の主要研究所として生き残った。

歴史[編集]

1917年、設立から3年でNACAはラングレー記念航空工学研究所をラングレーに設立した。また、アメリカ陸軍陸軍通信隊航空部(アメリカ空軍の前身)の基地もここに建設された。こうした多くの研究設備がそろったことで、1920年には最初の航空機研究が始められた。当時は4人の研究員と11人の技術者のみであった。

第一次世界大戦時、空軍力の有効性が証明されると同時にラングレー基地とNACAは平行に成長していく。この研究所は元々、揚力空力学、エンジンの性能向上や開発研究の為に設立された。1943年には噴進推力開発を進めるために拡張され、ヴァージニア州ワロップス島に航空基地を設立した。ラングレー研究所の宇宙計画までの拡張は軌道への弾頭発射の研究に至った。ロケット研究は拡大成長を続け、音速の壁突破、超音速極超音速への突入などの際に重要な役割を果たした。

NASAラングレー研究所は多くの航空の歴史を生み出した。これらの達成は超音速を導く航空機研究、世界初の遷音速の風洞の開発、月の引力と月面着陸のシミュレーション、火星探索機ヴァイキングの計画などを含んでいる。これらのいくつかは科学上、航空機史上に名を残す程度の大進歩である。

外部リンク[編集]

座標: 北緯37度5分34秒 西経76度22分53秒 / 北緯37.09278度 西経76.38139度 / 37.09278; -76.38139