ゴールドストーン深宇宙通信施設

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ゴールドストーン深宇宙通信施設
Goldstone Deep Space Network.jpg
ゴールドストーン深宇宙通信施設
運営者 NASA, JPL, カリフォルニア工科大学
所在地 モハーヴェ砂漠(カリフォルニア州サンバーナーディーノ郡)
座標
開設 1958年夏
公式サイト
http://deepspace.jpl.nasa.gov/dsn/
望遠鏡
DSS 13 - "Venus"* 34m (~910 m²) reflector with Beam waveguide optics (BWG) on Alt/Az mount
DSS 14 - "Mars" 70m (~3850 m²) reflector on Alt/Az mount
DSS 15 - "Uranus" 34 m "High Efficiency" reflector on Alt/Az mount
DSS 24, 25, 26 - "Apollo" 34 m reflector with BWG optics on Alt/Az mount
DSS 27, 28 - "Gemini" 34 m reflector with BWG optics on "High Speed" Alt/Az mount
テンプレートを表示

ゴールドストーン深宇宙通信施設(Goldstone Deep Space Communications Complex, GDSCC)はカリフォルニア州モハーヴェ砂漠に位置する地上局ジェット推進研究所のためITT Corporationが運用している。GDSCCはパイオニア深宇宙ステーション(Pioneer Deep Space Station)を含んでおり、これはアメリカ合衆国国定歴史建造物に指定されている[1][2]

主な目的は宇宙機の通信・追跡であり、マドリード深宇宙通信施設キャンベラ深宇宙通信施設と共にNASAディープスペースネットワークを構成している。

またゴールドストーンのアンテナは電波望遠鏡としても使用されている[3]

"Goldstone has the bird"[編集]

アメリカ初の人工衛星エクスプローラー1号が周回軌道上で確認された際、"Goldstone has the bird"というフレーズが使われた、と言われることがある。しかしこれは誤りで、エクスプローラー1号の時点ではゴールドストーンは運用されていなかった。

実際に使用されたフレーズは"Gold has it!"[4]である。ここでのゴールドとはAnza-Borrego砂漠Earthquake Valleyにあった臨時トラッキング施設のコードである。

参考文献[編集]

  1. ^ Harry A. Butowsky (May 15, 1984) (PDF). National Register of Historic Places Inventory-Nomination:. National Park Service. http://pdfhost.focus.nps.gov/docs/NHLS/Text/85002813.pdf 2009年6月22日閲覧。  and Accompanying three photos, from 1969, the 1970s, and 1983 (PDF, 634 KB)
  2. ^ Apollo Deep Space Station”. National Historic Landmark summary listing. National Park Service. 2008年3月20日閲覧。
  3. ^ A Search for Ultra-High Energy Neutrino Interactions in the Moon Using Large-Aperture Radio Antennas”. UCLA. 2008年3月28日閲覧。
  4. ^ The First Explorer Satellites lecture by George H. Luwig, 9 Oct 2004

関連項目[編集]

外部リンク[編集]