SMEX

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

SMEX(スモール・エクスプローラー・プログラム、: Small Explorer program)はNASAの宇宙科学ミッション(開発、打ち上げ、運営、データ解析)を1億2000万ドル以下に抑えようとするプログラム[1]。比較的小型(180-250 kg[2])で、観測目的を絞った人工衛星を迅速、かつ多数打ち上ることを推進する。

背景[編集]

最初の3つの観測機(第1セット)は1992年7月3日から1998年12月5日までに打ち上げられた。次の2つの観測機(第2セット)は1998年4月2日1999年3月5日に打ち上げられた。これらは全てNASAのゴダード宇宙飛行センターにあるスモール・エクスプローラー・プロジェクトオフィス(Small Explorer Project Office)によって管理されていた。

1999年春、このオフィスは閉鎖され、第3セットよりミッションはゴダード宇宙中飛行センター監督の下、それぞれの研究責任者の下で管理すると発表した[2]

第一段階にあるミッション[編集]

現在3つの計画に予算が出されている[1]

AIMは2007年に、IBEXは2008年に打ち上げられた。NuSTARは2012年打ち上げられた。

運用中・運用終了のミッション[編集]

ミッション候補[編集]

2008年5月29日、NASAはSMEXの一環として6つの更なる計画候補を発表した[2]

2009年6月19日に、GEMSとIRISが選ばれたと発表されたが[5]、2012年6月にGEMSは予算超過のため中止された。

IRISは、2013年6月に打ち上げられた。

失敗したミッション[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ a b Explorer Missions”. NASA. 2010年3月22日閲覧。
  2. ^ a b c SMEX home page (kept for historical purposes only)”. NASA. 2010年3月21日閲覧。
  3. ^ Orbital To Build New Space Science Satellite To Study X-Ray Polarization”. SpaceMart.com (2009年7月9日). 2009年7月9日閲覧。
  4. ^ Neutral Ion Coupling Explorer Homepage”. UCB. 2010年3月21日閲覧。
  5. ^ NASA Awards Two Small Explorer Development Contracts”. NASA (2009年6月19日). 2010年3月21日閲覧。