FAST (人工衛星)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Fast Auroral Snapshot Explorer
FAST.jpg
イメージ図
所属 NASA
公式ページ [1]
国際標識番号 1996-049A
カタログ番号 24285
目的 オーロラ観測
打上げ機 ペガサス XL
打上げ日時 1996年8月21日
運用終了日 2009年5月1日(観測終了)
物理的特長
本体寸法 1.8 × 1.2 m
質量 187.0 kg

FASTFast Auroral Snapshot Explorer)はアメリカ合衆国人工衛星1996年8月21日ヴァンデンバーグ空軍基地からペガサス XLロケットにより打ち上げられた。NASASMEXの一環として、地球地理学的な極en:Geographical pole)で発生するオーロラ現象のプラズマを観測、測定するため開発された。

カリフォルニア大学バークレー校Space Sciences Laboratory によって運用された。

FASTの通常の運用は2009年5月1日に終了した。運用チームは、今後は衛星を工学実験に使用するとしている[1]

参考文献[編集]

  1. ^ FAST Education and Public Outreach”. カリフォルニア大学バークレー校 (2009年5月8日). 2012年12月27日閲覧。

関連項目[編集]