エクスプローラー33号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エクスプローラー33号
IMP-D.jpg
所属 NASA
任務 磁気圏観測
周回対象 地球
打上げ日時 1966年7月1日
打上げ機 デルタ E
任務期間 1966年7月1日 - 1971年9月21日
COSPAR ID 1966-058A
質量 104 kg

エクスプローラー33号: Explorer 33IMP-D)はアメリカ合衆国人工衛星。当初、月近傍の磁場放射線を観測する予定だったが、打ち上げ時の速度過剰のため、予定していた月軌道には到達できなかった[1]

1966年7月1日NASAによって打ち上げられた。月軌道を目指したが、打ち上げ時の失敗により代替策として、近地点高度265,679km、遠地点高度480,762kmの地球長楕円軌道にのった[2]。 予定していた月軌道に到達しなかったにもかかわらず、計画していた太陽風や惑星間プラズマ、太陽X線の観測など多くの目標を達成した[3]。第一研究者、 ジェームズ・ヴァン・アレンは高エネルギー粒子やX線放射能を調べるため、電子・陽子検出器を搭載した[4]

宇宙物理学者のN. U. Crooker、 Joan Feynman、J. T. Gosling はエクスプローラー33号のデータを利用して、地磁気と地球近傍における太陽風の速度との関係を確立した[5]

参考文献[編集]

  1. ^ J. J. Madden (1966年12月). “Interim Flight Report, Anchored Interplanetary Monitoring Platform, AIMP I - Explorer XXXIII”. NASA Goddard Space Flight Center. 2010年2月3日閲覧。
  2. ^ IMP Chronology”. Encyclopedia Astronautica. 2010年2月3日閲覧。
  3. ^ Explorer 33 (NSSDC ID: 1966-058A)”. NASA / National Space Science Data Center (2008年4月2日). 2008年7月4日閲覧。
  4. ^ Explorer 33 – Electron and Proton Detectors”. NASA / National Space Science Data Center (2008年4月2日). 2008年7月4日閲覧。
  5. ^ Crooker, N. U.; Feynman, J.; Gosling, J. T. (1977年5月1日). “On the high correlation between long-term averages of solar wind speed and geomagnetic activity”. NASA. 2008年7月4日閲覧。

外部リンク[編集]