方位角

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

方位角(ほういかく、英語: azimuth)とは、方位(方向の水平成分)の数値表現であり、基準となる方位との間の角度のことを言う。

航空分野においては、機首の方向や進行方向を示すのに用いられる。

水平座標系天測航法、また衛星通信用地上アンテナの光軸方向を示すときには、水平方向の方位角と、垂直方向の仰角という2つの角度を用いる。

角度の単位は測量や航法などの分野においては標準的にはが用いられる。

基準方位と正の角度[編集]

左手系北基準(左図:は正のy方向)と右手系東基準(右図:は正のx方向)。

基準方位は方位角0°の方位であり、座標軸のx軸方向である。

右手系ではを基準方位とし反時計回りを正の角度とする。

左手系ではを基準方位とし時計回りを正の角度とする。またを基準方位とする左手系の定義例も僅かに存在する。

この左手系の使用は測量航法などの分野に限れば標準的である[1]経緯度経度緯度)の順序についても似た事情が存在する。

西の方向に相当する方位角の値を表に示す。

方位/基準 左手系北基準 左手系南基準 右手系東基準
0°/360° 180° 90°
90° 270° 0°/360°
180° 0°/360° 270°
西 270° 90° 180°

方位角の値と座標軸方向との対応を示す。

方位角 90° 180° 270°
座標軸方向 x y -x -y

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 他の多くの分野においては右手系が標準である。