センチュリーシリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
手前から、XF-104、F-100、F-102、XF-105、F-101

センチュリーシリーズ1950年代に開発されたアメリカ空軍戦闘機群。

概要[編集]

制式名称がF-100番台のものを、センチュリーシリーズという。一般的にはF-100からF-106までをさすことが多いが、ごく稀にF-110以降もセンチュリーシリーズに加えられている場合もある。

ノースアメリカン社のF-100 スーパーセイバーから始まる。世界初の実用超音速戦闘機が100というきりのいい型番になり、続く機体もみな超音速機となった事から、この名で呼ばれるようになった。

この型番の付与は意図的なものという説[要出典]がある。スーパーセイバーを100番にするために、F-98F-99ミサイルに割り当てる調整がなされたとされる。しかしながらF-100が最初の実用超音速戦闘機となったのは、XF-90XF-92の音速突破失敗、音速突破を果たしたXF-91の不採用による偶然であり、信憑性に疑問がある[要出典](93〜97番は既存機の改修型に付与)。

センチュリーシリーズ一覧[編集]

一般にセンチュリーシリーズと呼ばれるのは以下の6機である。

以下の機体は100番台ではあるが、通常センチュリーシリーズに含まない。

  • リパブリック XF-103 (モックアップのみ)
  • ノースアメリカン F-107 (試作のみ)
  • ノースアメリカン XF-108 レイピア (モックアップのみ)
  • F-109 (正式には命名されず、4つの提案があった)

110番台をセンチュリーシリーズに含めることは稀である。

関連項目[編集]