救急救命室

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ERとは(: Emergency Room)の略である。直訳すると救急救命室という診療スペースを意味する言葉だが、一般的には北米型のERシステムのことを指す。

北米型ERシステムの特徴は、24時間・365日全ての救急患者(救急車来院および独歩来院)を受け入れ、一義的にERドクター(ER専門医)によって全ての科の診断および初期治療(Advanced Triage)を行い、必要があれば各専門科にコンサルトするというシステムである。独歩来院の患者にはトリアージナースが対応し、緊急性があるかないかの判断を行い、緊急性があると判断されれば救急車来院の患者同様、ERドクターの診療を緊急に受けることとなる。

従来、日本では1次・2次・3次と重傷度に応じた医療機関が設定されており、重傷度に応じて救急隊が搬送するというシステムが採られていた。日本の救急医療は元来、3次救急医療を中心に発展してきたが、患者のニーズに答えるためには1次、2次救急医療の整備も急がなくてはならないことが指摘されていた。そこで1次、2次救急医療をもこなせる救急医療システムおよび救急医を育成するという方向転換が図られ始めた。またこれらはあくまでも救急車来院の患者に関してであり、独歩来院に関してはほとんど検討されていなかった。3次救急医療を担う各地の高度救命救急センターでは原則として救急車来院を診察し、時間外における独歩来院は別部門が診察する所もあった。救急車来院だけでなく、独歩来院の中にも重症患者が潜んでいることがある。そこで、こうした諸問題を解決するために北米型ERシステムを採用する病院が現れ始めている。

フジテレビ『救命病棟24時』および米国ドラマ『ER緊急救命室』の放送により、ERという用語自体を知る人は少なくない。

日本での発足[編集]

日本国では、1970年(昭和45年)に大阪大学医学部附属病院内で「特殊救急部」との名称で発足したのが初めだと言われ、当時に救命を要する患者に対して病院を「たらい回しにされる事態」が問われていた。これは当時、救急診療は各診療科や当直医の裁量で行われ多発外傷のような複数科にまたがる救命医療を専門的に行う診療科が存在しなかったためである。 なおこの「特殊救急部」は救急医療を行う診療部門ではあったが、胸腹部外傷や広範囲熱傷といった重症の外科系救急医療を手術・入院も含めた診療を自部門で完結して実施していた。前述の内科系外科系重症度を問わず初期救急診療を行う「北米型ER」とは趣がことなるので注意が必要である。

外部リンク[編集]

関連項目[編集]