月光の女

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
月光の女
The Letter
監督 ウィリアム・ワイラー
脚本 サマセット・モーム(『手紙』)
ハワード・コッチ
製作 ウィリアム・ワイラー
製作総指揮 ハル・B・ウォリス
出演者 ベティ・デイヴィス
ハーバート・マーシャル
音楽 マックス・スタイナー
撮影 トニー・ガウディオ
編集 ジョージ・エイミー
ウォーレン・ロウ
配給 ワーナー・ブラザーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 1940年11月22日
日本の旗 1950年12月9日
上映時間 95分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

月光の女』(げっこうのおんな、原題:英語: The Letter)は、1940年に製作・公開されたアメリカ映画である。

概要[編集]

1929年に映画化(ジーン・イーグルス主演)されているサマセット・モームの短編小説『手紙』の再映画化であり、ウィリアム・ワイラーが製作・監督し、ベティ・デイヴィスが主演した。ハーバート・マーシャルは1929年版『手紙』にも出演している。

キャスト[編集]

  • レスリー・クロスビー:ベティ・デイヴィス
  • ロバート(レスリーの夫):ハーバート・マーシャル
  • ハワード・ジョイス(弁護士):ジェームズ・スティーブンソン
  • ドロシー(ハワードの妻):フリーダ・イネスコート
  • ハモンド夫人:ゲイル・ソンダガード

スタッフ[編集]

アカデミー賞ノミネーション[編集]

外部リンク[編集]