モリー・リングウォルド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
モリー・リングウォルド
Molly Ringwald
モリー・リングウォルドMolly Ringwald
2010年撮影
本名 Molly Kathleen Ringwald
生年月日 1968年2月18日(46歳)
出生地 カリフォルニア州ローズヴィル
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国

モリー・リングウォルド(Molly Ringwald, 1968年2月18日 - )はアメリカ合衆国カリフォルニア州出身の女優ブラット・パックの一員であり、青春映画のナンバーワン女優と呼ばれた[1]

来歴[編集]

父親が盲目のジャズ・ピアニスト[2][3]で、幼いときから父親のステージにコーラスで参加し、6歳のときに父親のバンドのアルバムの中の一曲を歌っている[4]。そのうち子役として舞台にも出るようになり、『アニー』に出演した[5]

1980年代にはジョン・ヒューズ監督の青春映画に多く出演し、人気を集めた。彼女のファンは"リングレッツ"と呼ばれた。1990年以降は以前ほどの人気はないが、近年でもテレビ映画に出演したり、『キャバレー』『スイート・チャリティー』など舞台に立ったりしている[6][7]

私生活[編集]

1999年にフランス人作家のValery Lameignèreと結婚し、2002年に離婚[8][9]フランスに住んだこともあるのでフランス語が話せる。2007年にギリシャ系アメリカ人の脚本家のパニオ・ジアノポウリスと再婚し、2003年10月22日に女児(マチルダ)、2009年7月10日に男女の双子(アデーレ、ローマン)が誕生[10]

執筆活動[編集]

2012年に短編小説集When It Happens to Youを発表した[11]

主な出演作品[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
1982 テンペスト
Tempest
ミランダ
1983 モリー・リングウォルドの 恋する年頃
Packin' It In
メリッサ テレビ映画
スペースハンター
Spacehunter: Adventures in the Forbidden Zone
ニキ
1984 すてきな片想い
Sixteen Candles
サマンサ・ベイカー
1985 ブレックファスト・クラブ
The Breakfast Club
クレア・スタンディッシュ
1986 プリティ・イン・ピンク/恋人たちの街角
Pretty in Pink
アンディ・ウォルシュ
1987 青春のランナウェイ
P.K. and the Kid
P.K.バエット
ゴダールのリア王
King Lear
コーデリア
ピックアップ・アーチスト
The Pick-up Artist
ランディ
1988 この愛に生きて
For Keeps?
ダーシー
想い出のジュエル
Fresh Horses
ジュエル
1990 ラブ・アフェアー
Women and Men: Stories of Seduction
キット
ハネムーンはモンテカルロで
Strike It Rich
ケイリー
本日はお日柄も良く/ベッツィの結婚
Betsy's Wedding
ベッツィ・ホッパー
1992 堕ちた女
Something to Live for: The Alison Gertz Story
アリソン テレビ映画
1993 ラスト・ソングを2人で
Face the Music
リサ・ハンター
1994 ザ・スタンド
The Stand
フラニー・ゴールドスミス テレビ・ミニシリーズ
1995 覗く女
Malicious
メリッサ・ネルソン
1997 オフィスキラー
Office Killer
キム
1998 ディープ・ハプニング
Since You've Been Gone
クレア テレビ映画
アナザー・ライフ~もう一人の幸せな私~
Twice Upon a Time
ベス テレビ映画
1999 鬼教師ミセス・ティングル
Teaching Mrs. Tingle
ミス・バンクス
2000 Cut カット!
CUT
ヴァネッサ・ターンビル/クロエ
2002 テレビ創成期/ネットワークの挑戦
The Big Time
マリオン・パワーズ テレビ映画
2006 アメリカン・ガール/モリーの友情
Molly: An American Girl on the Home Front
ヘレン・マッキンタイア テレビ映画
2008-2012 アメリカン・ティーンエイジャー ~エイミーの秘密~
The Secret Life of the American Teenager
アン テレビシリーズ、90エピソードに出演

参考文献[編集]

  1. ^ “小僧っ子集団ブラット・パックの代表作「ブレックファスト・クラブ」 近く公開”. 朝日新聞. (1986年5月15日) 
  2. ^ Molly Ringwald Biography (1968–). Filmreference.com. Retrieved on 2011-05-29.
  3. ^ Ancestry of Molly Ringwald (1968–). Freepages.genealogy.rootsweb.com. Retrieved on 2011-05-29.
  4. ^ Sacramento's Fulton Street Jazz Band's Recordings. Fultonstreetjazz.com. Retrieved on 2011-05-29.
  5. ^ Karlyn, Kathleen Rowe, "'Too Close for Comfort': American Beauty and the Incest Motif", Cinema Journal, 44, Number 1, Fall 2004, pp. 69–93. University of Texas Press.
  6. ^ Melissa Rose Bernardo (2001年11月2日). “Tick, Tick...Boom (2001)”. Entertainment Weekly. 2010年11月27日閲覧。
  7. ^ AP. "Molly Ringwald to take 'Sweet Charity' on the road this fall", USA Today, February 27, 2006.
  8. ^ Agger, Michael (2005年5月21日). “Don’t You Forget About Me”. nymag.com. 2011年5月24日閲覧。
  9. ^ “M・リングウォルド、離婚”. シネマトゥデイ. (2002年11月8日). http://www.cinematoday.jp/page/N0002610 2012年12月5日閲覧。 
  10. ^ “『プリティ・イン・ピンク』のモリー・リングウォルド、双子を出産”. シネマトゥデイ. (2009年7月15日). http://www.cinematoday.jp/page/N0018828 2012年12月5日閲覧。 
  11. ^ “「プリティ・イン・ピンク」モリー・リングウォルドが小説家デビュー”. exciteニュース. (2012年9月10日). http://eiga.com/news/20120910/12/ 2012年12月5日閲覧。 

外部リンク[編集]