ジョージ・プランタジネット (クラレンス公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クラレンス公ジョージ・プランタジネット

初代クラレンス公ジョージ・プランタジネット(George Plantagenet, 1st Duke of Clarence, 1449年10月21日 - 1478年2月18日)は、ヨーク公リチャード・プランタジネットの六男。1461年、兄エドワード4世イングランド王位継承に貢献したことでクラレンス公に叙された。

エドワード4世の後見人ウォリック伯リチャード・ネヴィルは、エドワード4世がエリザベス・ウッドヴィルと密かに結婚したころから、外交政策をめぐりエドワード4世と対立するようになった。1469年7月11日、ウォリック伯は年長の娘イザベル・ネヴィルとジョージを結婚させてエドワード4世を牽制した。1470年、ウォリック伯はジョージを誘ってエドワード4世を討伐し、ヘンリー6世を復位させた。

政権を掌握したウォリック伯は、年少の娘アン・ネヴィルをヘンリー6世の世嗣エドワードに嫁がせてネヴィル家の安泰を図った。1471年、王座への道を絶たれたジョージは弟グロスター公リチャード(後のリチャード3世)の説得を受け入れ、3兄弟結束してウォリック伯を破って敗死させ、ヘンリー6世とエドワード王太子を殺害した。

1472年、王太子未亡人アン・ネヴィルが弟リチャードと結婚すると、ウォリック伯領の相続をめぐって兄弟は対立するようになった。妻イザベルが1476年に死んだことも災いしてジョージはウォリック伯領の相続争いに敗れ、エドワード4世への反逆を疑われ、ロンドン塔に送られて処刑された。

シェイクスピアの「リチャード三世」では、マームジー(Malmsey)ワインの酒樽で溺死したとされる。

イングランドの爵位
先代:
新設
クラレンス公
1461年-1478年
次代:
消滅
先代:
アン・ネヴィル
ウォリック伯
(妻イザベル・ネヴィルの権利による)

1471年-1476年
次代:
エドワード・プランタジネット
先代:
新設
ソールズベリー伯
1471年-1478年
次代:
消滅