エドワード・プランタジネット (ウォリック伯)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Edward of Warwick Arms.svg

ウォリック伯エドワード・プランタジネット(Edward Plantagenet, Earl of Warwick, 1475年2月25日 - 1499年11月28日)は、クラレンス公ジョージの息子。クラレンス公の弟イングランドリチャード3世(1483年 - 1485年)、代わって王位についたヘンリー7世(1485年 - 1509年)の統治下では王位継承権も持っていた。ソールズベリー伯爵夫人マーガレット・ポールの末弟でもある。その名が示す通り、プランタジネット家の男系男子の最後の生き残りであった。

1475年2月25日、エドワードは母イザベル・ネヴィル(「キング・メーカー」とも呼ばれたウォリック伯リチャード・ネヴィルの上の娘)の実家で生まれた。彼は父クラレンス公が反逆によって私権を剥奪され、処刑されたすぐ後の1478年にウォリック伯に叙された。

1483年に従兄エドワード5世が即位した。本来であればウォリックにはエドワード5世の弟ヨーク公リチャードに次ぐ王位継承権があったはずであったが、クラレンス公が私権剥奪状態であったことを根拠に(国会制定法によって覆すことは可能だったはずであるが)、継承者から除外された。

エドワード5世を廃して即位したリチャード3世の一人息子エドワード・オブ・ミドルハム1484年に急死すると、10歳のウォリックは叔父リチャードの王位継承者に指名された。これは王妃アン・ネヴィル(ウォリックの母方の叔母であり、両親の死後ウォリックと姉マーガレットを養子にしていた)の影響のおかげと言われている。

しかし1485年にアン王妃が死ぬとすぐに、リチャード3世は姉エリザベス・オブ・ヨークの息子で既に成人に達しているリンカーン伯ジョン・ドゥ・ラ・ポールを、ウォリックに代えて王位継承者に指名した。この経緯について、アメリカの歴史家ポール・マーレー・ケンダルは1955年に、「ウォリックは(中略)今で言う『知恵遅れ』の少年だったと思われる」と論じている。また、英国の歴史家ジェレミー・ポッターは1983年にそれまでの歴史家の結論に基づいて、「ウォリックは(中略)単純志向であったかもしれない:後に彼は『ガチョウと鶏を区別することもできない』と言われた。」としている。恐らくリチャードは、息子を亡くして1年も経っていない失意の王妃を喜ばせるために、あくまで一時的な処置としてエドワードを王位継承者に指名したものと思われる。

1485年にリチャード3世を倒してテューダー朝ヘンリー7世が即位すると、ウォリックはロンドン塔に投獄された。この時点ではまだヘンリー7世の王権は確固たるものではなく、ヨーク派の後継者として王位継承権を持つウォリックは厳しくマークされたのである。特に、1487年ランバート・シムネルがウォリックの名を騙って反逆を企てると、より厳しく監禁されることとなった。

1490年には父親の私権剥奪にもかかわらず、ウォリック伯の称号を許された。ただし、相変わらずロンドン塔に収監された状態である。この状態は1499年に、ヘンリー7世に反旗を翻したパーキン・ウォーベックがロンドン塔に投獄されるまで続く。ウォリックとパーキンは脱獄を謀るが失敗し、両名とも反逆罪として絞首刑に処された。ここに、プランタジネット家の男子は絶え、女子の方も姉のマーガレットが1541年に処刑されたことで完全に断絶した。

イングランドの爵位
先代:
ジョージ・プランタジネット
ウォリック伯
1478年 - 1499年
次代:
消滅
先代:
リチャード・ネヴィル
ソールズベリー伯
1485年 - 1499年(消滅)
次代:
マーガレット・プランタジネット
(1513年 復興)