トマス・スタンリー (初代ダービー伯爵)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トマス・スタンリー (初代ダービー伯爵)

初代ダービー伯爵トマス・スタンリー(Thomas Stanley, 1st Earl of Derby, 1435年 - 1504年7月29日)は、15世紀イングランドの貴族である。初代スタンリー男爵トマス・スタンリーの長男で、テューダー朝を開いたイングランド王ヘンリー7世は継子にあたる。

1459年、父の死により第2代スタンリー男爵となったが、イングランドは薔薇戦争の真っ只中であり、王族、貴族はランカスター派ヨーク派に分かれて抗争を繰り返していた。トマスはソールズベリー伯リチャード・ネヴィルの四女エレノアを妻に迎えていたが、どちらにも加担せず、日和見を決め込んでいた。

1461年にヨーク派のエドワード4世の即位を支持したが、1470年に義兄の「キングメーカー」ウォリック伯がエドワード4世を追放してヘンリー6世を復位させるとランカスター派を支持する。間もなくエドワード4世の反撃を受け、ウォリック伯は戦死、ヘンリー6世はロンドン塔に監禁されたが、トマスは罪に問われず、エドワード4世に仕えた。日和見や寝返りを繰り返したトマスが咎められなかったのは、彼がイングランド北西部のランカシャーチェシャーに影響力を持っており、王家もそれを無視できなかったからであった。

後にエドワード5世の叔父グロスター公リチャードによってロンドン塔に投獄された時も、すぐに釈放されている。リチャード3世の支持者として活動しながらも、マーガレット・ボーフォートと再婚しているなどランカスター派とも繋がっていた。

1485年ボズワースの戦いでは、リチャード3世の軍に属していながら実際に参加せず、結果的に継子のヘンリー7世の勝利に貢献した。そして10月にダービー伯爵に叙爵された。その後はヘンリー7世に忠実に従っていたが、1495年に王位僭称者パーキン・ウォーベックを支持した弟のウィリアムが処刑、1503年に長男のジョージに先立たれるなど、身内の不幸が相次いだ。

1504年に死去し、ダービー伯爵は孫のトマス(ジョージの息子)が継承した。以降スタンリー家はダービー伯爵家として存続、現在に至る。1852年首相に就任したエドワード・スミス=スタンリーは子孫である。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

公職
先代:
第2代バッキンガム公
大司馬
(Lord High Constable)

1483年 - 1485年
次代:
第3代バッキンガム公
爵位
先代:
新設
ダービー伯爵
1485年 - 1504年
次代:
トマス・スタンリー
先代:
トマス・スタンリー
スタンリー男爵
1459年 - 1504年
次代:
トマス・スタンリー