エドワード・スタッフォード (第3代バッキンガム公爵)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
作者不明の肖像画、ケンブリッジ大学モードリン・カレッジ(1520年)

第3代バッキンガム公エドワード・スタッフォード(Edward Stafford, 3rd Duke of Buckingham, 1478年2月3日 - 1521年5月17日)は、テューダー朝イングランドの貴族。父は第2代バッキンガム公ヘンリー・スタッフォード。母キャサリン・ウッドヴィルエリザベス・ウッドヴィルの妹であるため、イングランド王ヘンリー7世エリザベスは従姉に当たる。

父はリチャード3世に反乱を起こして処刑、バッキンガム公爵位が廃位されたため、幼いエドワードは公爵位を継げなかった。しかし1485年、リッチモンド伯ヘンリーがリチャード3世を討ち取ってテューダー朝を開くとエドワードをバッキンガム公に叙爵した(新設の公爵位という形)。若年ながらヘンリー7世の様々な儀式を取り仕切り、1495年ガーター勲章を叙勲された。ヘンリー7世の子のヘンリー8世にも恩恵を与えられ、1509年に王冠の戴冠役を務め、1514年には大司馬に任命された。

ところが、1520年に反逆の容疑で逮捕された。さしたる証拠もないまま裁判にかけられ、翌1521年に処刑された。

バッキンガム公爵位は消滅、大司馬も王権に統合された。子のヘンリー1547年にスタッフォード男爵に叙爵されたが、公爵位を取り戻せなかった。バッキンガム公爵位が復活するのはジェームズ1世が寵臣のジョージ・ヴィリアーズを叙爵した1623年である。

子女[編集]

1490年、第4代ノーサンバランド伯ヘンリー・パーシーの娘エレノアと結婚、4人の子を儲けた。

  1. メアリー(1494年 - ?) - 第5代アバガヴェニー男爵ジョージ・ネヴィルと結婚。
  2. エリザベス(1497年 - 1558年) - 第3代ノーフォーク公トマス・ハワードと結婚。
  3. キャサリン(1499年 - 1555年) - 第4代ウェストモーランド伯ラルフ・ネヴィルと結婚。
  4. ヘンリー(1501年 - 1563年) - スタッフォード男爵

関連項目[編集]

公職
先代:
スタンリー男爵
大司馬
(Lord High Constable)

1514年 - 1521年
次代:
王権と統合
爵位
先代:
ヘンリー・スタッフォード
バッキンガム公
1485年 - 1521年
次代:
消滅