ストーク・フィールドの戦い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ストーク・フィールドの戦い
戦争薔薇戦争
年月日1487年6月16日
場所イングランド王国 ノッティンガムシャー
結果:ランカスター派の圧倒的勝利
交戦勢力
ヨーク家 ランカスター家
指揮官
リンカーン伯ジョン・ドゥ・ラ・ポール ヘンリー7世
戦力
8,000 12,000
損害
4,000 3,000
薔薇戦争
Dot4gb.svg
ストーク・フィールドの戦い の座標 SK755495
ストーク・フィールドの戦い 座標: SK755495)場所

ストーク・フィールドの戦い(Battle of Stoke Field)は、1487年6月16日に行われた戦闘で、薔薇戦争の最後の戦闘である。

王位争奪[編集]

ヘンリー7世ランカスター派の後継として王位を得て、エリザベス王女との結婚で旧ヨーク派の取り込みも進んでいた。しかし、まだその支配は完全ではなかった。

生き残った中で最も有力なヨーク派の後継者は、エリザベスの従弟に当たるウォリック伯エドワードクラレンス公ジョージの息子)だったが、この少年はロンドン塔に収監されていた。

このウォリック伯エドワードの名前を騙るランバート・シムネルという少年が、リンカーン伯ジョンの目に留まった。リンカーン伯としてはテューダー家のヘンリー7世と和解は可能だったが、彼は王位継承権を持っていた(さらに、最後のプランタジネット系の王リチャード3世は生前、ウォリック伯を後継者に指名していた)。リンカーン伯はシムネルを利用することで、ヨーク派の復讐と王位継承という補償の機会を得た。

リンカーン伯は1487年3月19日にイングランドの宮廷を出て、叔母のブルゴーニュ公妃マーガレットのいるメヘレンの宮廷に行った。マーガレットは資金の他に老練なドイツの指揮官、連隊長マルティン・シュヴァルツの下に1,500人の一流のドイツ人・スイス人傭兵を揃える形で軍事援助も行った。メヘレンのリンカーン伯に、テューダー朝に反感を持つ、リチャード3世の忠実な支援者だったラベル子爵ジャージー島の前知事リチャード・ハールストン卿、カレー駐屯軍の司令官トマス・デイヴィッド、といった貴族たちが合流した。

ヨーク派の反乱[編集]

ヨーク派の艦隊は1487年5月4日ダブリンに到着した。アイルランドの大法官であるトマス・フィッツジェラルド卿の助けを借りて、リンカーンは4,500人のアイルランドの傭兵を、主にカーン(軽武装だが高機動な中世アイルランドの歩兵)として雇った。

アイルランドのキルデア伯と牧師の支援で、リンカーン伯は1487年5月24日にダブリンでランバート・シムネルを「国王エドワード6世」として王位に就けた。議会が新しい「国王」のために召集されたが、リンカーン伯はダブリンに留まらず、軍隊とシムネルを連れて北ランカシャーに向けて出航した。

1487年6月4日に上陸すると、リンカーンの軍にトーマス・バウトン卿の指揮するジェントリが合流してきた。5日で300km以上を踏破する一連の強行軍で、ヨーク派陸軍は8,000人の兵に達していた。6月10日の夜、タッドキャスター(Tadcaster)の外れにあるブラムハム・ムーア(Bramham Moor)で、ラベル卿指揮下の2,000の兵がクリフォード卿率いるランカスター派の400の兵に夜間攻撃を仕掛けた。結果は圧倒的なヨーク派の勝利であった。

続いてリンカーンはノーサンバランド伯ヘンリー・パーシー指揮下のヘンリー国王の北方軍の裏をかき、6月12日にジョン・スクロープ卿の軍に牽制のためにブーサム・バー(Bootham Bar)、ヨークを攻撃させた。スクロープ卿は、ノーサンバランドの軍を襲って、北方に退いた。

リンカーンと主力軍は南方攻略を継続した。ドンカスター(Doncaster)の外れで、リンカーンはスケール卿配下のランカスター軍の騎兵隊に遭遇した。シャーウッドの森を通って3日間の追撃が続き、リンカーンはスケール卿をノッティンガムに追い込んだ。しかし、それまでの戦いでヨーク派の進軍速度は低下しており、6月14日にノッティンガムに着くやいなや、ヘンリー7世はストレンジ卿の指揮する増援部隊をスケール卿に合流させることができた。

6月15日、リンカーンがトレント川を渡河した知らせを受けたヘンリー国王は、北東のニューアークに進軍した。6月16日の午前9時頃、ヘンリー国王軍の前衛が、東ストーク村の三方をトレント川に囲まれた丘の稜線の上のヨーク派軍に遭遇した。

異常な作戦展開の中で、ヨーク派はすぐさま攻撃に移ることで高地を放棄した。壮絶な戦いが3時間以上繰り広げられたが、結局は甲冑の薄い(軽装の)アイルランド部隊の死傷者数が数を増していった。

後退が不可能となり、ドイツとスイスの傭兵は最後まで戦い抜いた。ヨーク派の司令官、リンカーン伯、フィッツジェラルド卿、バウトン卿、シュヴァルツは皆戦死した。ただラベル子爵だけは脱出し、オックスフォードシャーにある自宅(ラベル大聖堂)の隠し部屋の中で餓死している所を、200年後に発見されている。シムネルは捕らえられたが、ヘンリー7世に許され(シムネルが大人の操り人形に過ぎなかったからか)、王室の台所で仕事を与えられた。