ラドフォード橋の戦い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラドフォード橋の戦い
戦争薔薇戦争
年月日1459年 10月12日
場所イングランド シュロップシャーのラドフォード橋
北緯52度21分49.5秒西経2度43分8秒
結果:ランカスター派の勝利
交戦勢力
ヨーク家 ランカスター家
指揮官
ヨーク公リチャード ヘンリー6世
戦力
不明 不明
損害
不明 不明
薔薇戦争

ラドフォード橋の戦い(Battle of Ludford Bridge)は、薔薇戦争の早い時期にヨーク派が最悪の損害をこうむった戦いである。

ブロア・ヒースの戦いでの勝利の後、ヨーク派はウスターに向かって進軍した。途中でヘンリー6世指揮する強大なランカスター軍に遭遇すると、すぐに拠点のあったシュロップシャーラドロー(Ludlow)のラドフォード橋まで後退した。

1459年10月12日、カレー方面軍司令官のアンドリュー・トラロップ(Sir Andrew Trollope)が部下を連れてランカスター派に寝返りし、ヨーク派の軍事・戦略情報と交換に恩赦を願い出た。これによってヨーク派は約3分の1と圧倒的な数的不利に追い込まれた。そのためその夜、ヨーク公と2人の息子、それからウォリック伯ソールズベリー伯は、勝ち目のないため撤退し、アイルランド、あるいはカレーへ落ち延びた。

翌朝、指揮官がいなくなった事を知ってヨーク派は雲散した。ヨーク派の拠点であるラドローはランカスター派に略奪されるがままだったという。

Dot4gb.svg
ラドフォード橋の戦い の座標 SO510742
ラドフォード橋の戦い 座標: SO510742)場所