ケイティ・メルア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ケイティ・メルア
Katie Melua at signing.jpg
基本情報
出生名 Ketevan Melua
出生 1984年9月16日(29歳)
グルジアの旗 グルジアクタイシ
学歴 ブリット・スクール
出身地 イングランドの旗 イングランドロンドン
ジャンル ブルース
ジャズ
担当楽器 ギター
ピアノ
ヴァイオリン
活動期間 2003年〜現在
公式サイト www.katiemelua.com

ケイティ・メルアKatie Melua1984年9月16日 - )は、グルジア出身のイギリスシンガーソングライター。本名、ケテヴァン・メルア(ქეთევან მელუა)。

来歴[編集]

生い立ち[編集]

1984年グルジア旧ソ連)生まれ。子供時代をグルジアロシアモスクワで過ごす。 内戦による混乱に怯えた幼少期を経て、9歳の時に家族と共に北アイルランドの北部の都市ベルファストに住み、13歳でロンドンに引っ越す。16歳になり、ロンドン郊外のブリット・スクール(BRIT School for the Performing Arts)に進学。在学中にプロデューサーのマイク・バットに見出される。

音楽活動[編集]

2004年デビューアルバム「コール・オフ・ザ・サーチ」を発表。その洗練美と透明感を標榜する歌声で人気が爆発し、全英アルバム・チャートで6週No.1に輝く。 その後、エリザベス女王列席の英国恒例チャリティ・イベント『Royal Variety Performance』に出演、女王から最大級の賛辞の言葉を受けた。続く2ndアルバムは欧州各国でゴールド、プラチナ・ディスクに認定。2006年英国人女性アーティストとして最多セールスを記録し、全世界での累計セールスは750万枚を超える。

彼女は『世界最深ライブ記録』というギネス記録をもっている(地底303m)[1]

私生活[編集]

上記のブリット・スクール(BRIT School for the Performing Arts)でザ・クークスボーカルであるルーク・プリチャードと出会い恋人同士になったが、2005年に破局している。

ディスコグラフィ[編集]

アルバム[編集]

  • "Call Off the Search" (2003)
  • "Piece by Piece" (2005)
  • "Pictures" (2007)
  • "The House" (2010)
  • "Secret Symphony" (2011)

シングル[編集]

  • "The Closest Thing to Crazy" (2003)
  • "Call off the Search" (2004)
  • "Crawling up a Hill" (2004)
  • "Nine Million Bicycles" (2005)
  • "I Cried for You" / "Just Like Heaven" (2005)
  • "Spider's Web" (2006)
  • "It's Only Pain" (2006)
  • "Shy Boy" (2006)
  • "If You Were a Sailboat" (2007)
  • "Mary Pickford (Used to Eat Roses)" (2007)
  • "If the Lights Go Out" (2008)
  • "Ghost Town" (2008)
  • "The Flood" (2010)
  • "A Happy Place" (2010)

EP[編集]

  • "iTunes Live: Berlin Festival" (2008)

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 2007年11月号『日経エンタテインメント!』