ローレンス・オコイエ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ローレンス・オコイエ Portal:陸上競技
Athletissima 2012 - Lawrence Okoye (2).jpg
選手情報
国籍 イギリスの旗 イギリス
種目 円盤投
生年月日 1991年10月6日(23歳)
身長 198cm
体重 136kg
自己ベスト 円盤投 : 68m24 (2012年)
 
獲得メダル
イギリスの旗 イギリス
男子 陸上競技
U23ヨーロッパ陸上競技選手権大会
2011 オストラヴァ 円盤投
編集 テンプレートのヘルプを表示する
ローレンス・オコイエ

Lawrence Okoye
サンフランシスコ・フォーティナイナーズ No. 98

生年月日:1991年10月6日(23歳)
出身地:イギリスの旗 イギリスクロイドン
身長:6' 6" =約198.1cm 体重:300 lb =約136.1kg
NFLデビュー
レギュラーシーズンもしくはポストシーズンの出場なし
経歴
ドラフト外(2013年
 所属チーム:
受賞歴・記録

ローレンス・オコイエ(Lawrence Okoye、1991年10月6日 - )は、イギリス陸上競技選手、専門は円盤投

経歴[編集]

ナイジェリア人の両親の間に、クロイドン・ロンドン特別区で生まれた。2010年の世界ジュニア陸上競技選手権大会の円盤投で6位に入った。2011年7月にオストラヴァで行われたU23ヨーロッパ陸上競技選手権大会では、19歳ながら優勝している。このシーズンにイギリス記録となる67m63cmを記録、これは当時の世界ランクで5位となる記録であった[1]。2012年5月には、68m24cmを投げて記録を更新した[2]ロンドンオリンピックでは、予選で65m28cmを投げて決勝に進み、決勝では61m03cmで12位となった[3]

2013年3月、NFL入りを目指すことを表明、高校や大学でのアメリカンフットボール経験はないが、ラグビーユニオン経験のある彼には、NFLの5チームが関心を持った[4]。2013年4月にカウボーイズ・スタジアムで行われたスーパーリージョナルコンバインの40ヤード走で4秒78、立ち幅跳びで318cm、垂直跳びで89cmを記録、身体能力の高さを見せた彼は、ドラフトでの指名の可能性も出てきている[5]NFLドラフトでは指名されなかったものの、直後の4月27日、サンフランシスコ・フォーティナイナーズと契約を結んだ[6]ミネソタ・バイキングスとのプレシーズンゲームでひざを負傷した彼は、8月27日に故障者リスト入りした[7]

人物[編集]

オックスフォード大学法学部に在籍している[8]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Discus thrower Lawrence Okoye has belief to be a world beater”. ガーディアン (2011年8月5日). 2013年4月3日閲覧。
  2. ^ German discus star Harting over 70 metres in Halle”. ヨーロッパ陸上競技連盟 (2012年5月20日). 2013年4月3日閲覧。
  3. ^ Lawrence Okoye bows out of London 2012 discus final”. デイリー・テレグラフ (2012年8月7日). 2013年4月3日閲覧。
  4. ^ 円盤投げ五輪イギリス代表選手、NFL入りを目指す”. NFL JAPAN (2013年4月1日). 2013年4月3日閲覧。
  5. ^ ロンドン五輪選手オコイエ、コンバインで高評価を得る”. NFL JAPAN (2013年4月8日). 2013年4月14日閲覧。
  6. ^ NFL: Lawrence Okoye gets chance to star in NFL with San Francisco 49ers”. Sky Sports (2013年4月28日). 2013年4月28日閲覧。
  7. ^ Peter Carline (2013年8月27日). “Okoye going on IR if he clears waivers after being cut by San Francisco 49ers”. デイリーメール. 2013年12月21日閲覧。
  8. ^ 英五輪代表で49ers入りのオコイエ、NFLの舞台へ全力投球”. NFL JAPAN (2013年5月1日). 2013年5月2日閲覧。

外部リンク[編集]