クロイドン空港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Croydon Airport
Croydon Airport former terminal building - geograph 3044446.jpg
IATA: noneICAO: was EGCR, which has since been reassigned
概要
空港種別 廃止
供給都市 英・ロンドン
所在地 クロイドン
座標 北緯51度21分23秒 西経000度07分02秒 / 北緯51.35639度 西経0.11722度 / 51.35639; -0.11722座標: 北緯51度21分23秒 西経000度07分02秒 / 北緯51.35639度 西経0.11722度 / 51.35639; -0.11722
ウェブサイト www.croydonairport.org.uk
地図
EGCRの位置(グレーター・ロンドン内)
EGCR
EGCR
グレーター・ロンドンの位置
滑走路
方向 全長 表面
ft m
NW/SE 3,900 1,200
E/W 3,600 1,100
NE/SW 3,300 1,000
Runway Details: Airfields & Aviation Memorials by Richard Flagg

クロイドン空港(-くうこう、Croydon Airport)は、かつてイギリスロンドンの郊外のクロイドンにあった空港空港コードEGCR (ICAO) 。 

概要[編集]

1920年にクロイドン飛行場(Croydon Airdrome)として開港し、ロンドンを代表する国際空港として運営されていた。インペリアル航空などのハブ空港として第二次世界大戦を経て使用されていたものの、ジェット旅客機の就航などを受けて設備の旧態化が進んだことから、1959年に閉鎖された。

閉鎖後ロンドンの空の玄関としての役割は、ヒースロー空港ガトウィック空港など、設備が更新された国際空港に受け継がれた。現在跡地には記念公園などが置かれている。

関連項目[編集]