ワープ・レコーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ワープ・レコーズ
設立 1989
設立者 Steve Beckett、Rob Mitchell/Robert Gordon
ジャンル IDMエレクトロニカテクノダブステップインディーロック
イギリスの旗イギリス
本社所在地 ロンドン
公式サイト http://warp.net

ワープ・レコーズ(Warp Records)は、イギリスレコードレーベルエレクトロニカIDMを中心としたリリースをしているが、ロックなどもリリースしている。正しい発音は「ワープ」ではなく「ウォープ」である。

概要[編集]

イギリスのシェフィールド1989年設立。ロブ・ミッチェル、スティーブ・ベケットの2人により設立された。レーベル名は、当時彼らが働いていたレコードショップに因む。初期はLFOやNightmares on Waxらのブリープテクノをリリースしていた。

レーベルの知名度が一気に上がったのが、1992年からリリースした「アーティフィシャル・インテリジェンス・シリーズ」(AI)である。インテリジェントテクノと呼ばれた曲は、BPMが早いハードテクノ系が流行っていた中で注目を集め、同時に多くのアーティストがリリースしていく。このシリーズは1993年まで続いた。

AIシリーズのヒットによりイギリスの中心テクノレーベルとして規模が大きくなり、その後もエレクトロニカ、アンビエント、または実験的なアルバムなどレーベルとしてのリリースの路線も固まっていく。

2004年には、ITunes Music Storeでのダウンロード販売に乗り出すなど新しい販売方法へも他のレーベルより早く取り組んでいる。

日本へは輸入版が早期から入ってきていたが、1994年からソニー・ミュージックから多数の日本版アルバムがリリースされ、ライジング・ハイR&Sレコーズと共にテクノ3大レーベルとして紹介された。現在ではBeat Recordsから日本版が販売されている。

2006年5月には日本でレーベルパーティー「i-WARP」を開催した。 また2009年11月にはエレクトラグライド提供による20周年記念のライブ「WARP20」が幕張メッセで開催された。

AIシリーズ[編集]

以下のアルバムが、Artificial Intelligenceとしてリリースされている。また「Motion」というAIシリーズのビデオ作品もリリースされている。

  1. Artificial Intelligence(コンピレーション
  2. Surfing on Sine Waves - エイフェックス・ツイン(Polygon Window名義)
  3. ElectroSoma - B12
  4. Bytes - ブラックドッグ(Black Dog Production名義)
  5. Dimension Intrusion - リッチー・ホゥティン(FUSE名義)
  6. Ginger - Speedy J
  7. Incunabula - オウテカ
  8. Artificial Intelligence II (コンピレーション)

主要アーティスト[編集]