MONO

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Mono
基本情報
出身地 日本の旗 日本
ジャンル ポストロック
活動期間 1999年 -
レーベル Temporary Residence Limited
MAGNIPH
Pastel Music
Arena Rock Recording Co.
Human Highway Records
Rykodisk
公式サイト www.monoofjapan.com
メンバー
Tamaki
Takaakira "Taka" Goto
Yoda
Yasunori Takada

{{{Influences}}}

MONOは、日本の ポストロックバンド

概要[編集]

1999年東京で結成 。 結成当初よりグローバルに活動を展開。 世界トップクラスのNYCのレーベルTemporary Residence Limitedより、これまでにオリジナル フルアルバムを6枚ワールド・ワイド・リリースしている。アメリカ/ヨーロッパ/ オセアニア/中米、またアジア各国など海外でのツアーは世界中、毎年150本にも及ぶ。2009年には活動10周年を記念し、25名のオーケストラを従えてニューヨーク、ロンドン、メルボルン、東京でコンサートを開催 。2007年には映画「Snow Angels」(監督 / デヴィッド・ゴードン・グリーン)2010年には「神の子どもたちはみな踊る」(原作 /村上春樹 監督 / ロバート・ログバル) の映画音楽を担当。 2013年にはWOWOWドラマ「かなたの子」(主演 坂井真紀)の音楽を担当し、テーマ曲「Kanata」が初のダウンロード 限定シングルとして発売。

MONOは 99年、バンドをスタートした時は日本で認められずに、演奏する場所もなく、日本を出て、「やるなら海外、NYCからスタートしたい」という夢をもってバンド活動をスタート。しかし、当初無名のバンドで、ライブゲスト5人程度、楽器を売ってお金にしながら、メンバー達と旅を続け、成功を夢みて、自分たちの夢を叶えたいと突き進み、活動10年目にして、スタート地点だったNYCで、夢だった25名のフルオーケストラを率いてライブを行い、 2日間に渡って行われた公演をソールドアウトし、1つの夢を実現させた。 キャリア15年目となる今では、ファン、 評論家、両者の熱い支持を得て、全世界で高い人気を誇る日本のインストゥルメンタルバンドとして活躍している。

ロックバンドでありながらもバンドという枠を超え、希代の音楽家として名高い活動を続けているMONOの世界は、果てしなく美しく、澄んだ透明感をもちながらも、悲しみの先にある壁を打ち破るポジティブなパワーが根底にあり、 暗闇を抜ける強さ、そして歓喜に至るまでの道のりを、彩り豊かに描いている。 メインソングライターのTakaは「自分たちの生む音楽が、人の心の支えになるもの、聴くひとの人生を肯定し、導いてくれる光となるものでなくてはならない」また「アートによって自分が救われてきたぶん、アートを通して人の糧となって、多くの人たちへ、その、希望と夢が届くように」という想いが、 多くの共感を得ながら 世界中でシェアし続けられている。[1]


1999年冬、東京にて結成。ライブ演奏をメインで活動を始める。

2000年EP "Hey,you"をリリース。

2001年"Under The Pipal Tree"をjohn zornのレーベルであるTZADIKからワールドワイドリリース。

2002年"One Step More And You Die"を制作。

2003年"One Step More And You Die"をアメリカのarena rock,イギリスのrykodiscからワールドワイドリリース。国内で自身のレーベルHumanHighwayを立ち上げ、海外ツアーで意気投合した インディペンデントアーティストのリリース、招聘も行う。

2004年にはアメリカのレーベルTemporary Residence Limitedと契約。ShellacSteve Albiniのもとで、"Walking Cloud and Deep Red Sky,Flag Fluttered and the Sun Shined "(2004), You Are There (2006),そして25名のオーケストラをフィーチャーしたHymn To The Immortal Wind (2009)を制作。

毎年、平均150本にも及ぶ演奏を北中米、欧州、アジアで精力的に展開。スイスのMontreux jazz festivalをはじめ、スウェーデンのArvika,Hultsfred、ベルギー[Pukklepop,Dour,Cactus,Domino、フランスのLes eurockeennes、チェコのColors of Ostrava、デンマークのRoskilde、イギリスのAll Tomorrow's Parties、台湾のFormoz、中国のStrawberry fes、アメリカのAxsw、そして日本のFuji Rock Festivalなど世界の名だたるフェスティバルで演奏。

2009年には結 成10周年を記念し、2000年に訪れた初めての海外公演の地ニューヨークで、最先端なアーティストと活動するオーケストラ-Wordless Music Orchestra-25名を従えて演奏、その時の模様がHoly Ground:NYC Live With The Wordless Music Orchestraとして2010年にDVD/CDでリリースされる。その後もMONO with The Holy Ground Orchestraと銘打ち、東京、ロンドン、メルボルンで演奏され大反響を得る。

そして2012年、Wordless Music Orchestraを従えてスタジオへ。6作目となるアルバム"For My Parents"を発表。 今作には新たにHenry Hirschをエンジニアに、Fred Weaverをミックスに迎えて制作。 その年のFuji Rock FestivalFor My ParentsのワールドプレミアをMONO with The Holy Ground Orchestraとして披露、ベストパフォーマンスと各方面から評された。

メンバー[編集]

  • Takaakira "Taka" Goto (ギター)
  • Yoda(ギター)
  • Tamaki(ベース)
  • Yasunori Takada(ドラム)

作品[編集]

アルバム[編集]

  • Under the pipal tree(2001年11月11日)
  • ONE STEP MORE AND YOU DIE(2002年10月2日)-2006年8月22日再発
  • Walking cloud and deep red sky, Flag fluttered and the sun shined(2004年4月14日)
  • You Are There(2006年3月15日)
  • Hymn To The Immortal Wind(2009年3月4日)
  • For My Parents(2012年9月4日)

ミニアルバム[編集]

  • Hey,You.EP(2000年9月9日)
  • The Phoenix Tree(2007年4月18日)

その他[編集]

  • “mono”sound track in New York(2004年2月18日)リミックスアルバム
  • palmless prayer/mass murder refrain(2005年12月14日)ワールズ・エンド・ガールフレンドとの共作
  • Gone (A Collection of EPs 2000-2007)(2007年9月11日)コンピレーションアルバム

DVD[編集]

  • The Sky Remains The Same As Ever(2007年9月11日)ドキュメンタリー
  • Holy Ground: NYC Live With The Soundless Music Orchestra(2010年4月27日)ライブCD+DVD

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


脚注[編集]

  1. ^ 「NEXUSアーティストインタビュー MONO」http://www.nexus-web.net/interview/mono/