SUPERCAR

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
SUPERCAR
基本情報
出身地 日本の旗 日本 青森県
ジャンル オルタナティヴ・ロック
インディー・ロック
シューゲイザー
ギター・ポップ
エレクトロニカ(後期)
活動期間 1995年 - 2005年
レーベル dohb discs
1997年 - 2000年
キューンレコード
(2000年 - 2005年
公式サイト スーパーカー - SonyMusic
メンバー
中村弘二ボーカルギター
いしわたり淳治 (ギター)
フルカワミキベース、ボーカル)
田沢公大ドラムス

SUPERCARスーパーカー)は、日本ロックバンド1997年デビューし、2005年2月26日に解散。

メンバー[編集]

ボーカルギター作曲、シンセサイザー担当。青森県十和田市出身。愛称は「ナカコー」。バンド時代からNYANTORA名義でソロ活動を始め、解散後は、「iLL」として活動開始。

ギター、作詞担当。青森県十和田市出身。愛称は「ジュンジ」。解散後はいしわたり淳治として、チャットモンチー9mm Parabellum BulletサウンドプロデューサーNONA REEVESSUEMITSU & THE SUEMITHなどの作詞提供、ROCKIN'ON JAPANにて連載など執筆活動中。

ベース、ボーカル担当。青森県八戸市出身。初期は本名で活動。愛称は「ミキちゃん」。解散後はフルカワミキとしてソロ活動開始。2011年に再び中村と組み「LAMA」結成。過去に雑誌MARQUEEに下着姿が掲載されたことがある。

ドラムス担当。青森県十和田市出身。愛称は「コウダイ」。解散後はaM™[aem]として活動し、他アーティストのプログラミング、プロデュース活動も行っている。

来歴[編集]

  • 1995年、フルカワが八戸市内の楽器店(楽器の文明堂:閉店)に貼ったバンドメンバー募集の張り紙により同地でバンドを結成。レコード会社へ送ったデモテープがきっかけで1997年にシングル「creamsoda」でデビュー。初期はシューゲイザーを彷彿とさせるノイジーなギターサウンドとポップなメロディを基調としており、同時期に登場したナンバーガール中村一義くるりらとともに新世代ロックバンドとして注目を集める。この4バンドは後に「'97の世代」と呼ばれ、日本語ロックの世界に多大な影響を及ぼしたとして、若手バンドのリスペクトを一身に集めている。
  • 1998年頃には当時勢いのあったバンド、TRICERATOPSなどと一緒に「スニーカー系」と呼ばれた。1990年代の終わりを席巻していたヴィジュアル系の対極を行く存在として、人気を博した。
  • 2000年に発表された3作目のアルバム『Futurama』からはエレクトロニカを大胆に取り入れ独自性を増していき、より先鋭的なサウンドへと移行していった。これについて中村は具体的にROVOコーネリアスからの影響をあげている。そしてシングル「YUMEGIWA LAST BOY」には、エレクトロニカ、エレクトロサウンドを得意とするプロデューサー砂原良徳を起用。その次のシングル「AOHARU YOUTH」、アルバム『HIGHVISION』『ANSWER』には益子樹(ROVO、DUB SQUAD、ASLNなど)をプロデューサーに起用している。
サウンドとリンクするように彼らは映像面でも田名綱敬一、宇川直宏ら気鋭のアーティストとのコラボレーションを試みるなどして高い評価を得る。
  • 2005年2月26日にSTUDIO COASTにて行われたライブをもって解散。
  • 2011年、中村の監修による過去の音源の再構築アルバム「RE:SUPERCAR -redesigned by nakamura koji-」、後に「RE:SUPERCAR 2-redesigned by nakamura koji-」をリリース。
後に、エレクトロを主体にしたバンドが生まれていくがその先駆者とも言われるバンドでもある。

タイアップ[編集]

  • 1999年、「ミノルタVECTIS2000」のCMに「Flicker」が使用され、フルカワミキがイメージキャラクターとして起用された。
  • 2002年に、映画『ピンポン』に「YUMEGIWA LAST BOY」「Free Your Soul」「STROBOLIGHTS」「Changes」「Baby Once More」が使用された。「YUMEGIWA LAST BOY」は主題歌にもなった。また「STROBOLIGHTS」はNECLaVieシリーズのCMソングにも起用された。
  • シングル「BGM」のカップリング曲「HIRAMEKI INSPIRATION」がトヨタ自動車ネッツ店のCMソングに起用された。
  • 2005年4月から、アルバム『HIGHVISION』の収録曲「STORYWRITER」が、テレビアニメーション『交響詩篇エウレカセブン』の挿入歌に使用され、ゲーム「Another Century's Episode」にも使用された。
  • 2007年、「Strobolights」がキリンMCダノンウォーターズの「ボルヴィック フルーツキス レモン」のCMに起用された。
  • 2008年、「STORYWRITER」がテレビゲーム「スーパーロボット大戦Z」のBGMとしても使用された
  • 2011年9月、「STROBOLIGHTS」がiidaのスマートフォン「INFOBAR」のCMソングに起用された。

作品[編集]

シングル[編集]

リミックスシングル[編集]

アルバム[編集]

企画盤[編集]

  • OOKeah!! (1999年8月21日)
  • OOYeah!! (1999年8月21日)
  • スリーアウトチェンジ 10th Anniversary Edition (2007年4月4日)
  • RE:SUPERCAR -redesigned by nakamura koji-|RE:SUPERCAR 1 -redesigned by nakamura koji- (2011年4月20日)
  • RE:SUPERCAR -redesigned by nakamura koji-|RE:SUPERCAR 2 -redesigned by nakamura koji- (2011年6月15日)
iLLのナカコーによる新たなアレンジ構成で作成されたコンセプトアルバム。

ベストアルバム[編集]

ファンの投票によって構成されたベスト盤。
  • A (2005年3月24日)
シングル曲のA面曲を集めたベスト盤。リミックスシングルは未収録。
  • B (2005年3月24日)
シングル曲のB面曲を集めたベスト盤。

映像作品[編集]

  • P.V.D (2002年11月20日)
  • P.V.D2 (2002年11月20日)
  • HIGH BOOSTER+U.N VJ Works (2002年11月19日)
  • LAST LIVE 完全版 (2005年6月29日)
  • P.V.D COMPLETE 10th Anniversary Edition (2007年4月4日)

参加作品[編集]

  • RESPECTABLE ROOSTERS a tribute to the roosters(1999年4月10日)
9. Case Of Insanity
  • Fine Time A Tribute to NEW WAVE (2004年2月25日)
Disc 2-5. Searching For Mr.Right

外部リンク[編集]