ハリギリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハリギリ
Kalopanax septemlobus 3.JPG
7-8月、枝先に多数の散形花序を出す
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
亜綱 : バラ亜綱 Rosidae
: セリ目 Apiales
: ウコギ科 Araliaceae
: ハリギリ属 Kalopanax
: ハリギリ K. septemlobus
学名
Kalopanax septemlobus (Thunb.) Koidz.
シノニム

本文記載

和名
ハリギリ(針桐)

ハリギリ(針桐、学名:Kalopanax septemlobus)は、ウコギ科落葉高木広葉樹。幹は直立し、高さ10-20m、大きいものは30mになる。別名、センノキ(栓の木)、ミヤコダラテングウチワヤマギリなどがある。

概要[編集]

日本全土(特には北海道)・朝鮮半島・中国の山地に分布する。若木は枝や樹幹にとげがあるが、老木になるに従い鋭さを失い瘤になる。幹の樹皮に深く縦に入った筋(裂け目)がこの樹木を特徴づける。

葉柄は長さ10-30cm、葉身は掌状に5-9裂し、カエデのような姿で径10-25cmと大きく、天狗の団扇のような形をしている。そこから「テングウチワ」と呼ばれることもある。秋には黄褐色に黄葉する。

7-8月、黄緑色の小花が球状に集まったものが傘状につき、藍色の丸い果実を結ぶ。

肥えた土地に自生するので、開拓時代はこの木が農地開墾の適地の目印であった。その為、北海道には大きな木が多く、明治末には下駄材として本州に出荷された。現在でも国内産の栓の9割は北海道産である。

2008年5月下旬
東京大学小石川植物園 
老木の樹皮 
展開した葉 

利用[編集]

食用[編集]

展開したばかりの芽は同じウコギ科のタラノキコシアブラウドなどと同様に山菜として食用にされる。見た目は「たらの芽」としてよく知られる近縁のタラノキの芽に良く似るが、苦味やえぐみとして感じられるあくがやや強い。そのためタラの芽と区別して食用にしない地方もあり、たとえば長崎方言では「イヌダラ」と呼んでタラノキと区別される。もっとも、しっかり灰汁抜きをすればコシアブラ同様に非常に美味であり、利用価値が高い。山菜としての地方名にオオバラ(中部地方)などがある。

果実は塩分を含み、ヌルデなどと共に、海からの塩が貴重だったころの山里で、塩分摂取に利用されてきた可能性も指摘されている[要出典]

山菜として食用にされるハリギリの展開した芽 
枝は芽よりか細い印象があるため、林の中ではその大きな芽がかなり目立つ。 
完全な対ではないが、ほぼ等間隔に脇芽が出る。先端の芽を摘まない場合は2~3個が出るが、先端を摘むと2番目以降の芽の元の大半が芽吹く。トゲの間隔はタラノキよりも広く太く長い。 

木材利用[編集]

木材としては「栓(せん)」と呼ばれる。木肌が深く裂け、黒ずんだ褐色の色をしている木から取れる「オニセン(鬼栓)」と、木肌がなめらかな木から取れる「ヌカセン(糠栓)」に分かれる。鬼栓は加工には向かず、沈木に用いられる。一方、糠栓の材は軽く軟らかく加工がし易い為、建築、家具、楽器(エレキギター材や和太鼓材)、仏壇下駄賽銭箱に広く使われる。耐朽性はやや低い。環孔材で肌目は粗いが板目面の光沢と年輪が美しく海外でも人気がある。色は白く、ホワイトアッシュに似る。

ケヤキに似た木目を持つことから欅の代用品としても使用される。この場合は着色した上で新欅欅調と表記されることもある。

シノニム[編集]

  • Kalopanax pictus (Thunb.) Nakai var. lutchuensis auct. non (Nakai) Nemoto
  • Kalopanax pictus (Thunb.) Nakai,

関連項目[編集]

参考文献[編集]