ナット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ナット (: nut) とは機械などの組立に使用される締結部品の一つ。中央にめねじ(雌ネジ)と呼ばれる開口部が切ってあり、ボルトなどのおねじ(雄ネジ)部品と組合わせて使用される。一般には形状が六角をした六角ナットを指す。

形状は規格化されており、めねじ径で呼ばれる[要出典]。日本では、M5, M6 などのメートルねじである。

種類[編集]

六角ナット
  • 六角ナット(: Hexagon Nuts JIS B 1181)
    • 1種ナット(8割ナット)-厚さがねじサイズの約8割のもので主に片面取り
    • 3種ナット(6割ナット)-厚さがねじサイズの約6割のもので主に両面取り
    • 厚ナット(10割ナット)-厚さがねじサイズの約10割のもので主に両面取り
  • 溝付き六角ナット
溝付き六角ナット

ゆるみ止めナットの1種で、溝が西洋式の城壁にある塔のようにみえることからキャッスル・ナットとも呼ばれる。

  • つば付き六角ナット(フランジナット、フランジ付き六角ナット)
  • 座付きナット
六角袋ナット
  • 六角袋ナット(: Domed Cap Nuts, JIS B 1183)
    ねじ穴が貫通していない形状のもので、機械外面に取付けられる。
  • 四角ナット(Square Nuts, JIS B 1163)
    断面形状が四角形状のナット。
蝶ナット
  • 蝶ナット(: Wing Nuts, JIS B 1185)
    蝶の羽のような形状をしており、手で締付けや取外しができる場所に使うナット。
アイナット
  • アイナット(: Eyenuts, JIS B 1169)
    頭部がリング形状になっているナットで、輸送等のフックを取り付ける為に使用される。
  • 溶接ナット
    薄い板材などでねじが切り込めない場合に母材に直接溶接するナット、形状はさまざまで六角のものから長円型のものまでさまざま
  • インサートナット
    • ヘリサート・エンザート
    プラスチックなど直接ねじを切っても強度がたもてないような金属・木材以外のものに埋め込む形で使用するナット
    • 鬼目ナット・鬼ナット
    木材など直接ねじが切れないときに埋め込むナット
    • カレイナット
    薄い鋼板等に、穴を開けた部分にプレス機などでカレイナットを圧入してナットの首下部分のナールと呼ばれる溝でかしめる。ナットの反対側は平坦なままとなる。
    • ナットサート
    薄い母材に挿入し、専用のツールを使用してブラインドリベットと同様にかしめる。母材の片側だけで作業を行えるので、通常のナットでは手が届かない場所にも使える。


ゆるみ止め[編集]

針金(ロックワイヤ)

ナットが振動などで緩まないようにバネ座金、歯付座金を併用したり、2個のナットを使用(二重ナット、ダブル・ナット)したり、針金(ロックワイヤ)を通して固定される。


関連項目[編集]

外部リンク[編集]