ボナルー・フェスティバル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フェスティバルの会場

ボナルー・ミュージック・アンド・アーツ・フェスティバル(Bonnaroo Music and Arts Festival)は、アメリカ合衆国テネシー州にて行なわれている野外ロック・フェスティバルである。一般的にはボナルー・フェスティバル、あるいは単にボナルーと簡略化されて呼称される。

ナッシュビルの南東約100キロで、チャタヌーガの北西約100キロの地点に位置する小都市マンチェスターにある650エーカーもの広大な農場「Great Stage Park」にて毎年6月中旬に開催される。イベント名として冠される「ボナルー」という言葉は、ニューオーリンズR&Bの巨人ドクター・ジョンの1974年発表のアルバム・タイトルで知られる現地のスラングが由来であり、その語源は "bon" (=Good) と "rue" (=Street) という2つのフランス語を掛け合わせたものとされる。このスラングの意味は「心から愉快な音楽」といわれる。

2002年に初開催。当初は同地の由縁であるジャム・バンドに特化したルーツ・ミュージックの祭典としての性格を掲げていたが、徐々に幅広い音楽をカバーするアクトを強め、現在その開催規模はロラパルーザコーチェラと並び、アメリカ最大を誇る(先の2フェスと共にアメリカ3大ロックフェスとも言われる)。英国のグラストンベリーT in the Park、日本のフジロックと同様に、大自然の中で開催される巨大フェスティバルである。

主な出演者[編集]

  • 2006年から4日間開催であるが、メインであるWhatステージを始め主要野外ステージのアクトは開催2日目からであるため、便宜上06年以降の初日のラインナップは割愛する。

日本からは2004年に東京スカパラダイスオーケストラが出演。

日付 ヘッドライナー その他主な出演者
2014年 2日目(6月13日) カニエ・ウェスト
3日目(6月14日) ジャック・ホワイト
4日目(6月15日) エルトン・ジョン
2013年 2日目(6月14日) ポール・マッカートニー
3日目(6月15日) ジャック・ジョンソン
4日目(6月16日) トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ
2012年 2日目(6月8日) レディオヘッド
3日目(6月9日) レッド・ホット・チリ・ペッパーズ
4日目(6月10日) フィッシュ
2011年 2日目(6月10日) アーケイド・ファイア
3日目(6月11日) エミネム
4日目(6月14日) ワイドスプレッド・パニック
2010年 2日目(6月11日) キングス・オブ・レオン
3日目(6月12日) ジェイ・Z
4日目(6月13日) デイブ・マシューズ・バンド
2009年 2日目(6月12日) ビースティ・ボーイズ
3日目(6月13日) ブルース・スプリングスティーン
4日目(6月14日) フィッシュ
2008年 2日目(6月13日) メタリカ
3日目(6月14日) パール・ジャム
4日目(6月15日) ロバート・プラント
2007年 2日目(6月15日) トゥール
3日目(6月16日) ポリス
4日目(6月17日) ザ・ホワイト・ストライプス
2006年 2日目(6月16日) トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ
3日目(6月17日) レディオヘッド
4日目(6月18日) フィル・レッシュ
2005年 1日目(6月10日) デイブ・マシューズ
2日目(6月11日) ワイドスプレッド・パニック
3日目(6月12日) ザ・ワード
2004年 1日目(6月11日) デイブ・マシューズ
2日目(6月12日) ザ・デッド
3日目(6月13日) トレイ・アナスタシオ
2003年 1日目(6月13日) ニール・ヤング
2日目(6月14日) マーク・ファリナ
3日目(6月15日) ザ・デッド
2002年 1日目(6月21日) ワイドスプレッド・パニック
2日目(6月22日) ワイドスプレッド・パニック
3日目(6月23日) トレイ・アナスタシオ

外部リンク[編集]