ザ・ランナウェイズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ザ・ランナウェイズ
The Runaways
基本情報
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス
ジャンル ロックンロールハードロック
活動期間 1975年1979年
レーベル マーキュリー
ライノ
チェリー・レッド
レイヴン
公式サイト therunaways.com
旧メンバー
ジョーン・ジェット
サンディ・ウェスト
ミッキ(マイケル)・スティール
ペギ・-フォスター
シェリー・カーリー
リタ・フォード
ジャッキー・フォックス
ヴィッキ・ブルー
ローリー・マカリスター

ザ・ランナウェイズThe Runaways)は、1970年代に活躍したアメリカ女性ロックバンド。 活動期間中に4枚のスタジオ・アルバムとライブ・アルバム1タイトルをリリース。アメリカ本国での大きな成功には恵まれなかったが、1977年のシングル「チェリー・ボム (Cherry Bomb)」の大ヒットにより、主に日本で大人気を博した。

デビュー当時の平均年齢は16歳。ガールズ・ロック・バンドの草分け的存在である。シェリー・カーリーコルセットガーターベルトのほとんど下着姿という過激な衣装は衝撃的であった。本国よりも日本での人気が高まり、篠山紀信がシェリーを題材に「激写」を敢行したほか、1977年には来日公演も行った。

結成まで[編集]

1975年終盤、ドラマーのサンディ・ウェストとリズム・ギタリストのジョーン・ジェットが、プロデューサーのキム・フォウリーの紹介で知り合ったところからバンドの歴史はスタートする。ウェストの自宅で対面した2人は、フォウリーにメンバー探しの支援を依頼。当初はシンガー兼ベーシストのミッキ・スティール(後にマイケル・スティールの名でバングルスに加入)を加えたパワー・トリオとして活動を開始、ロサンゼルス近辺のパーティ会場やクラブで演奏した。

まもなくリード・ギタリストのリタ・フォードが加入。スティールは脱退し、地元のベーシスト、ペギー・フォスターを加入させるが1カ月で脱退。地元のナイトクラブ「シュガー・シャック」で歌っていたボーカリストのシェリー・カーリーをスカウトし、ジャッキー・フォックスがベースとして加入。デビュー時のラインナップが揃った。

デビュー~人気グループへ[編集]

フォウリーの指揮の下、1976年マーキュリー・レコードと契約。すぐにデビュー・アルバムThe Runaways (邦題「悩殺爆弾~禁断のロックンロール・クイーン」)をリリースする。各メンバーはそれぞれ手本とするイメージ・キャラクターを持ち、カーリーはデヴィッド・ボウイ、ジェットはスージー・クアトロ、フォードはリッチー・ブラックモアジェフ・ベック、ウェストはロジャー・テイラー、フォックスはジーン・シモンズをそれぞれイメージして自らのキャラクターを育てていった"[1]

1977年、セカンド・アルバム『クィーン・オブ・ノイズ』("Queens of Noise") をリリース、ワールド・ツアーを敢行する。折しも勃興したパンクムーブメントにも後押しされグループの勢いが加速する。同年夏に初来日。ランナウェイズは、当時の日本におけるレコード売上げでアバキッスレッド・ツェッペリンと肩を並べるセールスを誇る人気グループであり、空港には大勢のファンが押しかけ、現場は大混乱に陥った。この時の喧騒をジェットは後に「まるで『ビートルズ旋風[2]』」と回顧している。日本滞在中には、彼女たち自身の特集番組をはじめ数多くのテレビ番組に出演。日本公演を収録した『ライブ・イン・ジャパン』はゴールドを獲得。しかし、この日本ツアー中にフォックスが脱退表明。後任には、新たにヴィッキー・ブルー(Vicki Blue)を迎えたが、続いてグループの看板であるカーリーまでもが脱退し、それまでもカーリーとボーカルを分け合っていたジェットがフルタイムのシンガーとなる。

体制を立て直したバンドは4枚目のアルバム『ウェイティング・フォー・ザ・ナイト』(Waiting For The Night) を発表し、ラモーンズとともにワールドツアーを行う。カーリーはソロ・アルバムをリリースし、単独でのツアーを行った。

解散[編集]

1978年、金銭問題など様々な意見の不一致が原因で、バンド結成以来のパートナーであったキム・フォウリーと袂を分かち、マーキュリーとの契約も破棄。グループは、ブロンディやスージー・クアトロを手がけたトビー・マミズとマネジメント契約を結ぶ。同年11月、ヴィッキー・ブルーが健康問題で脱退。ローリー・マカリスター(Laurie McAllister)に交代。バンドはこの間、荒れたロックンロール的ライフスタイルを満喫する。

1979年シン・リジィのプロデューサー、ジョン・アルコックを迎えて制作したアルバム『アンド・ナウ・ザ・ランナウェイズ』(And Now... The Runaways) をリリース。しかし、よりパンク・ロック的なアプローチを主張したジェットと、ハードロックを追求したいフォード、ウェストの意見の不一致等もあり[3]、同年グループは解散した。

メンバーのその後[編集]

ジョーン・ジェットは後に「アイ・ラブ・ロックンロール」の大ヒットを放つ。リタ・フォードもソロで成功を収めている。初期の一時期に在籍したミッキ(マイケル)・スティール(Michael Steele)は後にバングルスに加入した。

元ドラムスのサンディ・ウェストは、2006年10月21日、肺がんのために死去。47歳。

ディスコグラフィー[編集]

  • The Runaways (1976)  ビルボード194位  邦題/悩殺爆弾~禁断のロックン・ロール・クイーン
    • 本アルバムからシングルカットされたCherry Bombはビルボード106位(Billboard Hot 100)、オリコン10位(総合)・1位(洋楽部門)を記録
  • Queens Of Noise (1977)  ビルボード172位
  • Live In Japan (1977)  オリジナル・メンバーのライブアルバム
  • Waitin' For The Night (1977)
  • And Now The Runaways (1978)
  • Flaming Schoolgirls (1980)  日本未発売
  • Little Lost Girl (1981)
  • The Best Of Runaways (1987)
  • Neon Angels (1991)  シェリー脱退後のライブ音源
  • Born To Be Bad (1998)  1975年に録音された公式デビュー前の音源

脚注[編集]

  1. ^ Edgeplay: A film about The Runaways, Sacred Dogs LLC, Los Angeles, 2005 (from interviews with Fowley, Currie)
  2. ^ notes and information from Edgeplay: A film about The Runaways - インターネット・ムービー・データベース(英語)
  3. ^ Sherman, Dale. 20th Century Rock And Roll : Women In Rock. Collector's Guide Publishing, inc, p53

外部リンク[編集]