リッケンバッカー・360/12

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リッケンバッカー・360/12
Rickenbacker 360/12
Rickenbacker 360-12WB 12 String.jpg
メーカー/ブランド リッケンバッカー
製造時期 1963年 -
構造
ボディタイプ セミホロー
スケール長 24 3/4
フレット 21 / 24
ネックジョイント セット
材質
ボディ メイプル
ネック メイプル+ウォルナットの3ピース
フィンガーボード ローズウッド
ハードウェア
ブリッジ 6サドル
コントロールノブ ボリュームx2、トーンx2
電気系統
ピックアップ シングルコイルx2
シングルコイルx3 (370/12)
コントロール ミキサー、ピックアップセレクタSW
カラーバリエーション
ナチュラル、サンバースト、ブラック、ミッドナイト・ブルー
テンプレート | カテゴリ

リッケンバッカー・360/12は、リッケンバッカーの12弦エレクトリックギターの300シリーズ。最初の12弦エレクトリックギターの一つとされる。型番の“/12”は12弦ギターを意味しており、外観は6弦モデルのリッケンバッカー・360とよく似ている。リッケンバッカーは、スロッティド・ヘッドとソリッド・ヘッドを併用するという革新的なデザインにより、通常の12弦ギターに必要となる大きなヘッドを回避した。もう一つの特徴に副弦の並び順がある。ほとんどの12弦ギターは副弦をベース側に配置するが、リッケンバッカーはこれを逆にした。

1964年、ビートルズが発表した「ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!」の録音でジョージ・ハリスンが使用したことで世界中の注目を集めた。

来歴[編集]

リッケンバッカーは1963年に12弦エレクトリックギターの開発を開始。1960年代初頭のフォークミュージック・リバイバルでアコースティック12弦ギターの人気は増していたが、エレクトリックギターに関してはまだ稀であった。リッケンバッカーは3本の試作機を作成、そのすべてに従業員リチャード・バークの発案によるユニークなヘッドを採用していた。通常のギターのように各サイドに3基のチューナーが取り付けられ、ポストはヘッド表面に突き出ている。2つの並行した溝がヘッド表面に彫られ、それはクラシックギターのヘッドのスロットを連想させるものだが、ヘッドの厚みの半分までしか彫られていない。追加の3基のチューナーがヘッドの各サイドに取り付けられる。この3基のノブはヘッド後方を向き、ポストはヘッドの溝を横切っている。この革新によりヘッドの大きさは最小になり、プレイヤーはヘッドの重さを感じずに済む。また、6弦ギターとして使う場合、多くの12弦ギターより弦間が狭くなり、綺麗に弾くことが難しくなっている珍しい12弦ギターである。

リッケンバッカーは、最初の試作機をラスベガスのカントリー・ミュージシャン、スージー・アーデンに送った。もう一つの試作機は、1964年にニューヨークのサヴォリー・ヒルトン・ホテルに特別展示された。これは、ビートルズが『エド・サリヴァン・ショー』出演のために街を訪れた記念の展示である。病気のため、展示がなくなっても、ジョージ・ハリスンは12弦試作機と共にあった。彼の「ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!」での卓越した使用は、リッケンバッカー12弦の高い需要を産んだ。ハリソンは360/12を愛し、メインギターを他の物に移してもなお360/12への愛情が損なわれることは無かった。彼は、アルバム『クラウド9』で、現役から退いていたオリジナルの360/12を復活させた。ハリソンは、新型の360/12を1965年に受け取り、それをアルバム『ラバー・ソウル』及び『リボルバー』で使用している。

また、ロジャー・マッギン(ジム・マッギン)は1964年に公開されたビートルズの映画『ハード・デイズ・ナイト』を観て、ジョージ・ハリスンの持つ当ギターに影響され、ロック・バンド結成を決意。そのバンドが後のザ・バーズであり、マッギンの奏でる当ギターの鮮やかなサウンドは「ミスター・タンブリン・マン」や「リムニーのベル」、「ターン・ターン・ターン」など、多くの楽曲でその効果がいかんなく発揮され、フォーク・ロックにおけるギターサウンドの一つの典型が確立し、さらに多くのミュージシャンに影響を与えることとなった。

1964年の量産開始時に、リッケンバッカーはプロトタイプからいくつかの仕様変更を施した。ボディトップの周囲は丸く角を落とされ、サウンドホールにはバインディングが施された。量産品には、1964年後半に "R" ロゴのテールピースになるまで、プロトタイプと同じ”コの字型”トラピーズ・テールピースが使用されていた。1969年以降は、それまでの21フレットネックではなく24フレットネックが使用された。2ピックアップの360/12、3ピックアップの370/12(バーズのロジャー・マッギンが好んで使用した)、2ピックアップでソリッドボディの450/12の3モデルが製造された。似たような12弦ギターが出たにも関わらず、360/12独特のジャングリーなサウンドは他で真似の出来るものではなく、その独特な音を求めるミュージシャンにとっては必需品となっており、2012年末時点でもまだよく売れ続けている。

著名なプレイヤー[編集]

360/12V66(限定モデル)

参考文献[編集]

Bacon, Tony. "Electric Guitars: the Illustrated Encyclopedia." Thunder Bay Press, 2000. ISBN 1-57145-281-8

外部リンク[編集]