ワーキング・ガール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ワーキング・ガール
Working Girl
監督 マイク・ニコルズ
脚本 ケビン・ウェイド
製作 ダグラス・ウィック
製作総指揮 ロバート・グリーンハット
ローレンス・マーク
出演者 後述
音楽 カーリー・サイモン(主題歌)
ロブ・マウンジー
撮影 ミヒャエル・バルハウス
編集 サム・オースティン
配給 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗 1988年12月21日
日本の旗 1989年5月6日
上映時間 115分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 2860万ドル
興行収入 $102,953,112[1]
テンプレートを表示

ワーキング・ガール』(Working Girl)は、1988年公開のアメリカ映画ニューヨークウォール街投資銀行M&A部門で働く秘書の物語。マイク・ニコルズ監督作品。

解説[編集]

1980年代後半の好景気によるM&Aブームを背景にしたロマンティック・コメディ。冒頭のマンハッタンの空撮(ワールドトレードセンターのツインタワーも含む)や、スタテン島フェリーのシーンなど、ニューヨークの風景がふんだんに登場する。この映画もワールドトレードセンターで撮影されている。

物語[編集]

ウォール街投資銀行M&A部門で働く秘書テスは、上司キャサリンがスキー休暇中に骨折し職場復帰するまでの間に、上司の愛人ジャックと共に進行中の合併話を期せずして進行させることになる。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
ソフト版 テレビ朝日
テス・マクギル メラニー・グリフィス 土井美加 高島雅羅
ジャック・トレイナー ハリソン・フォード 堀勝之祐 磯部勉
キャサリン・パーカー シガニー・ウィーバー 沢田敏子 弥永和子
ミック・ドゥガン アレック・ボールドウィン 大塚芳忠 菅生隆之
シンシア ジョーン・キューザック 小宮和枝 山田栄子
ラッツ オリヴァー・プラット 西村知道 佐古正人
オーレン・トラスク フィリップ・ボスコ 中村正 小林修
ジニー ノーラ・ダン 一柳みる
ターケル ジェームズ・ラリー 二又一成 喜多川拓郎
ボブ・スペック ケヴィン・スペイシー 千田光男 仲木隆司
ティム・ローク ジェフリー・ノードリング 稲葉実 堀内賢雄

その他[編集]

シンシア役のジョーン・キューザックは、アカデミー助演女優賞にノミネートされた。 後に『Xファイル』の主人公モルダー捜査官役でブレイクするデイビッド・ドゥカブニーがチョイ役で出演している。

受賞[編集]

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ Working Girl (1988)” (英語). Box Office Mojo. Amazon.com. 2010年6月11日閲覧。

外部リンク[編集]