オリヴァー・プラット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オリヴァー・プラット
Oliver Platt
Oliver Platt
2010年撮影
本名 Oliver James Platt
生年月日 1960年1月12日(54歳)
出生地 オンタリオ州ウィンザー
国籍 カナダの旗 カナダ
職業 俳優
活動期間 1988年 -
配偶者 Camilla Campbell (1992 - )

オリヴァー・プラットOliver Platt, 1960年1月12日 - )は、カナダオンタリオ州出身の俳優。

来歴[編集]

1960年カナダオンタリオ州ウィンザーに生まれる。両親はアメリカ人であり、母シエラは社会福祉援助技術のソーシャル・ワーカーとして働き、父親のニコラスは外交官だった[1]。父はパキスタンザンビアフィリピンにおいて大使も務めた。そのこともあり、プラットはアジア諸国を中心に12個もの学校を転々とした。また一時期父親が日本にも外交官として赴任したことがあり、プラット自身もごく短い間ではあるが日本で過ごした。日本滞在中はアメリカンスクール・イン・ジャパンに在籍した[2]。家族が帰国後も父はまだ日本にいたため、夏休みになると東京へ遊びに来ていたという。なお、インタビューにおいてかつて住んだことのある国で最も好きだったのは「東京」と答えており、日本限定で発売されていたバスキン・ロビンスの“抹茶アイスクリーム”が大好物だったと語っている[3]

その後家族はワシントンD.C.へ移り、9歳の時にジョン・F・ケネディ・センターで見た舞台をきっかけに役者を目指すようになる。その舞台には若き日のモーガン・フリーマンが立っていた。高校卒業後は本格的に役者を目指してタフツ大学へ進学して演技を専攻。同期にはハンク・アザリアがおり、現在も親交があるという。さらにボストンのShakespeare & Companyに参加して舞台に立つようになる。ニューヨークへ移った後は、オフ・ブロードウェイなどで着々とキャリアを重ねていった。少ししてビル・マーレイと知り合い、マーレイがプラットを映画監督ジョナサン・デミに紹介したことから『愛されちゃって、マフィア』で映画デビューを果たした。その後も様々な話題作に出演を続け、コメディからシリアスな映画まで様々な役柄を演じる個性派俳優としての地位を築いた。1992年にはカミーラ・キャンベルと結婚。現在は3児の父親でもある。

プラットの家族構成ではアダムという名の弟がおり、『ニューヨーク・マガジン』でレストラン評論家として活躍している。アダムもオリヴァーと共にアジア各国に住んだことがあり、オリヴァーと同様、日本滞在中にはアメリカンスクール・イン・ジャパンへ在籍した。

母方の遠い親戚にダイアナ妃がいる[4]

主な出演作品[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
1988 クルーソー
Crusoe
ニュービー
愛されちゃって、マフィア
Married to the Mob
エド
ワーキング・ガール
Working Girl
ラッツ
1990 フラットライナーズ
Flatliners
ランディ
ハリウッドにくちづけ
Postcards from the Edge
ニール
1992 ベートーベン
Beethoven
ハーヴェイ
ミッドナイト・スティング
Diggstown
フリッツ
1993 派遣秘書
The Temp
ジャック
幸福の条件
Indecent Proposal
ジェレミー
三銃士
The Three Musketeers
ポルトス
妹の恋人
Benny & Joon
エリック
1995 トール・テイル/パラダイス・ヴァレーの奇跡
Tall Tale
ポール
ファニー・ボーン/骨まで笑って
Funny Bones
トミー
ネオナチへの潜入/あるジャーナリストの闘い
The Infiltrator
テレビ映画
1996 エグゼクティブ・デシジョン
Executive Decision
デニス・ケイヒル
評決のとき
A Time to Kill
ハリー
1998 娼婦ベロニカ
Dangerous Beauty
マフィオ・ベニエ
ブルワース
Bulworth
デニス・マーフィー
インポスターズ
The Impostors
モーリス
ドクター・ドリトル
Doctor Dolittle
マーク・ウェラー
サイモン・バーチ
Simon Birch
ベン・グッドリッチ
1999 U.M.A レイク・プラシッド
Lake Placid
ヘクター・サイア
スリー・トゥ・タンゴ
Three to Tango
ピーター
アンドリューNDR114
Bicentennial Man
ルパート・バーンズ
2000 ガンシャイ
Gun Shy
フルヴィオ
ヘッド・ロック GO!GO!アメリカン・プロレス
Ready to Rumble
ジミー・キング
2001 サウンド・オブ・サイレンス
Don't Say a Word
ルイス・サックス医師
2001-2005 ザ・ホワイトハウス
The West Wing
オリヴァー・バビッシュ主席法律顧問 テレビシリーズ、8エピソードに出演
2002 スナイパー
Liberty Stands Still
ヴィクター・ウォレス
ロード・トゥ・ヘル
Ash Wednesday
モラン
2003 エイプリルの七面鳥
Pieces of April
ジム
スプリング・ガーデンの恋人
Hope Springs
ダグ・リード
2004 愛についてのキンゼイ・レポート
Kinsey
ハーマン・ウェルズ
2004-2006 HUFF〜ドクターは中年症候群
Huff
ラッセル テレビシリーズ、25エピソードに出演
2005 バイバイ、ママ
Loverboy
ミスター・ポメロイ
アイス・ハーヴェスト 氷の収穫
The Ice Harvest
ピート
カサノバ
Casanova
パプリッツィオ ニューヨーク映画批評家協会賞 助演男優賞 受賞
2007 幸せになるための10のバイブル
The Ten
マーク
2008 フロスト×ニクソン
Frost/Nixon
ボブ・ゼルニック
2009 紀元1年が、こんなんだったら!?
Year One
司祭長
2012
2012
カール
2010 ジュリエットからの手紙
Letters to Juliet
雑誌編集者ボビー クレジットなし
ラブ & ドラッグ
Love and Other Drugs
ブルース
2011 X-MEN: ファースト・ジェネレーション
X-Men: First Class
黒服の男
2012 ライジング・ドラゴン
十二生肖
ジンジャーの朝 ~さよなら、わたしが愛した世界
Ginger&Rosa
活動家
2014 シェフ 三ツ星フードトラック始めました
Chef
ランゼイ・ミッチェル

脚注[編集]

  1. ^ Oliver Platt- Biography”. Yahoo! Inc. 2012年10月10日閲覧。
  2. ^ http://www.celebritybazar.com/oliver_platt/
  3. ^ Oliver Platt's BIO”. Celebrity Bazar. 2012年10月10日閲覧。
  4. ^ Platt's bio on IMDB”. IMDb. 2012年10月10日閲覧。

外部リンク[編集]