ドクター・ドリトル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ドクター・ドリトル
Dr. Dolittle
監督 ベティ・トーマス
脚本 ナット・モールディン
ラリー・レビン
原作 ヒュー・ロフティング
ドリトル先生
製作 ジョン・デイヴィス
ジョセフ・M・シンガー
デヴィッド・T・フレンドリー
製作総指揮 スー・バーデン・パウエル
ジェンノ・トッピング
出演者 エディ・マーフィ
音楽 リチャード・ギブス
撮影 ラッセル・ボイドA.C.S.
編集 ピーター・テッシュナー
配給 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗 1998年6月26日
日本の旗 1998年12月19日
上映時間 86分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $294,456,605[1]
次作 ドクター・ドリトル2
テンプレートを表示

ドクター・ドリトル』(Dr. Dolittle)は1998年に公開されたアメリカ合衆国のコメディ映画

概要[編集]

ヒュー・ロフティング原作の児童文学作品『ドリトル先生』シリーズは1967年に本作と同じ20世紀フォックスで『ドリトル先生不思議な旅』としてリチャード・フライシャー監督により映画化されているが、本作は1990年代風にアレンジした作品となっている。そのため、ケロッグの『トニー・ザ・タイガー』や『ロッキー3』、『ジュラシック・パーク』が会話の中で出てくる。

原作の舞台が主にヴィクトリア朝イギリスであるのに対し、本作では現代の米国・サンフランシスコが舞台となっており、主人公の設定も"John Dolittle"(ジョン・ドリトル)と言う名前と「動物と会話が出来る獣医師」と言う点を除いては全く別物になっている。2001年には続編『ドクター・ドリトル2』が製作され、その後もオリジナルビデオの形式で娘のマヤ・ドリトルを主人公とするシリーズ作品が3タイトル製作されている。

あらすじ[編集]

幼少時代、ジョン・ドリトルは動物と会話ができるという超能力を持っていたが、父親に異常だと思われ、愛犬と引き離されてからは動物を拒絶し、動物と会話をすることはなくなった。その後、成人したジョンは、妻リサや2人の娘にも恵まれ、また病院のドクターとしても活躍し、幸せな日々を送っていた。そんなある日、病院から帰る途中、ジョンは車で野良犬を轢いてしまった。しかしひき殺してしまったと思った犬がとつぜん「気をつけろ! マヌケ野郎!」と怒鳴りつけたことからジョンの身辺に大きな変化がおこる。

スタッフ[編集]

出演[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
DVD版 日本テレビ
ドクター・ジョン・ドリトル エディ・マーフィ 江原正士 山寺宏一
アーチャー・ドリトル オジー・デイヴィス 青森伸 池田勝
キャロウェイ ピーター・ボイル 川久保潔 富田耕生
ドクター・マーク・ウェラー オリヴァー・プラット 山崎たくみ 大塚芳忠
ドクター・ジーン・レイス リチャード・シフ 石塚運昇 田村勝彦
リサ クリスティン・ウィルソン 高島雅羅 日野由利加
ドクター・フィッシュ ジェフリー・タンバー 小林修 中村正
マヤ カイラ・プラット 出口佳代 浅野るり
シャリース レイヴン・シモーネ 水間真紀 深水由美
ダイアン ジューン・クリストファー 米倉紀之子
パークス チェリー・フランクリン 田畑ゆり
ブレイン ポール・ジアマッティ 西村知道 野島昭生
5歳の頃のドリトル ダリ・ジェラルド・スミス 永迫舞 津村まこと
ドクター・リトバック スティーブン・ギルボーン 小島敏彦 水野龍司
動物
犬のラッキー ノーム・マクドナルド 牛山茂 山路和弘
のジェイク アルバート・ブルックス 小林清志
モルモットのロドニー クリス・ロック 龍田直樹 中尾隆聖
レニ・サントーニ 大川透 山崎弘也 アンタッチャブル
ジョン・レグイザモ 坂東尚樹 柴田英嗣
ギャリー・シャンドリング 岩崎ひろし 後藤哲夫
雌鳩 ジュリー・カブナー 滝沢ロコ 一城みゆ希
年老いたビーグル犬 ブライアン・ドイル=マーレイ 村田則男
酔っ払った フィル・プロクター 後藤敦 岩崎ひろし
ジェナ・エルフマン 小宮和枝 唐沢潤
山羊 フィリス・カーツ 西村知道 吉田孝
太った雄犬 アーチー・ハーン 青山穣 乃村健次
穴熊 ポール・ルーベンス 星野充昭 下山吉光
スカンク エディ・フライアーソン 平田広明
ポッサム ジェフ・ドーセット 飯塚昭三
ペンギン ケリガン・メイハン 後藤敦

参考文献[編集]

  1. ^ Doctor Dolittle”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2012年1月24日閲覧。

外部リンク[編集]