ドクター・ドリトル4

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ドクター・ドリトル4
Dr. Dolittle: Tail to the Chief
監督 クレイグ・シャピロ
脚本 マット・リーバーマン
キャスリーン・ラクシノール
原作 ヒュー・ロフティング
ドリトル先生
製作 ジョン・デイヴィス
ブライアン・マニス
出演者 カイラ・プラット
ピーター・コヨーテ
ニオール・マッター
音楽 ドン・マクドナルド
撮影 ロン・スタネット
配給 20世紀フォックス
上映時間 88分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
前作 ドクター・ドリトル3
次作 ドクター・ドリトル ザ・ファイナル
テンプレートを表示

ドクター・ドリトル4』(Dr.Dolittle: Tail to the Chief)は、2008年ビデオ映画として発売されたアメリカ合衆国の映画作品。

1998年公開の劇場映画『ドクター・ドリトル』から始まるシリーズ作品の第4弾で、2006年発売の前作『ドクター・ドリトル3』に続きビデオ映画として製作されている。日本では2010年DVDが発売された。

あらすじ[編集]

父・ジョンと同様に獣医師を志して勉強を始めたマヤ・ドリトルの元へ、大統領から依頼が舞い込んで来る。その内容は、大統領の飼い犬(ファースト・ドッグ)・デイジーの行儀が余りにも悪いので手を焼いており、しつけを仕込んで礼儀正しい犬にして欲しいというものであった。父は海外出張の為に不在で代役としてマヤがワシントンへ赴いたものの、ホワイトハウスでは米国との熱帯雨林保護条約調印の為にカルンプール国の皇太子が間もなく来訪すると知らされて愕然。果たして、マヤは条約の調印式が執り行われる当日までにデイジーを立派なファースト・ドッグに出来るのであろうか?

キャスト[編集]

役名 俳優 吹き替え
DVD版[1] TV版
マヤ・ドリトル カイラ・プラット 小島幸子 坂本真綾
スターリング大統領 ピーター・コヨーテ 小川真司
コール・フレッチャー ニオール・マッター 阪口周平
ドリアン マルコム・スチュワート 梅津秀行
コートニー・スターリング エリス・ゲイティエン 小松由佳
酔っ払いサル(声) フィル・プロクター

脚注[編集]

  1. ^ ドクター・ドリトル4WOWOW

外部リンク[編集]