ジュリエットからの手紙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジュリエットからの手紙
Letters to Juliet
監督 ゲイリー・ウィニック
脚本 ティム・サリヴァン
ホセ・リベーラ
製作 エレン・バーキン
マーク・カントン
キャロライン・カプラン
製作総指揮 ロン・シュミット
出演者 アマンダ・セイフライド
クリストファー・イーガン
ガエル・ガルシア・ベルナル
フランコ・ネロ
ヴァネッサ・レッドグレイヴ
音楽 アンドレア・グエラ
撮影 マルコ・ポンテコルヴォ
編集 ビル・パンコウ
配給 アメリカ合衆国の旗 サミット・エンターテインメント
日本の旗 ショウゲート
公開 アメリカ合衆国の旗 2010年5月14日
日本の旗 2011年5月14日
上映時間 105分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
イタリア語
スペイン語
製作費 $30,000,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗カナダの旗 $53,032,453[1]
世界の旗 $79,181,750[1]
テンプレートを表示

ジュリエットからの手紙』(原題: Letters to Juliet)は、2010年アメリカ映画
原題は直訳すると“ジュリエットへの手紙”でジュリエット宛てに書かれる多くの手紙を意味しているが、邦題は逆に返信する手紙のほうに重点が置かれていることが伺える。

ストーリー[編集]

ソフィーはニューヨーカー誌で働くライター志望の調査員。イタリアンレストランのオープンを控える婚約者ヴィクターと婚前旅行でイタリア・ヴェローナに向かうが、観光を楽しみたいソフィの思いを余所に、レストランの契約業者探しに明け暮れるヴィクター。違うカタチの旅行も楽しみたいソフィーは食材めぐりの旅にクタクタ、翌日は別行動することを提案する。さっそく翌日、ソフィーはひとりヴェローナ観光のため街を散策、『ジュリエットの家』を訪れる。そこはシェイクスピアの戯曲『ロミオとジュリエット』にまつわる観光名所で、世界各地からの観光客がジュリエット宛てに、自分の恋愛の悩みを綴った手紙を書き、それを家の壁に貼り付けていく場所だった。とそこへ、ひとりの女性が現れ壁の手紙を回収していく。好奇心にかられたソフィーが彼女の後を付いて行くと、行き着いた先の建物の中には、手紙に返事を書く“ジュリエットの秘書”と呼ばれる女性たちがいた。秘書たちと打ち解けたソフィーは翌日も秘書たちの仕事場を訪れ、手紙の回収の手伝いをすることに。ソフィーが壁に貼られた手紙を回収していると、そのうちの一枚を取った際に壁のレンガのひとつが引っ張られて抜け落ちる。レンガの抜けた壁の奥を覗き込むとそこには古い手紙が。それは50年前に書かれたクレアというイギリス人女性からの手紙で、両親に反対される中での恋人ロレンツォとの恋の苦悩、その中で決意した駆け落ち、そして苦悩の末にロレンツォと落ち合うのを直前でやめてしまった事、またそれを知らぬロレンツォが約束の場所で一人待ち続けたであろう事が綴られていた。胸をうたれたソフィーは秘書たちに頼んでその手紙の返事を書かせてもらうことに。ソフィーは届くとも分からぬ手紙を想いを込めて書き上げ発送する。それから数日後、ソフィーは、手紙を受け取ったクレアが50年前の出来事にけじめを付けるため、孫のチャーリーとイタリアにやってきた事を知る。ロレンツォに会う決意を固めた彼女を見守りたい気持ちと、50年前の手紙から始まった物語の結末を見届けたい気持ちから、ソフィーは「自分も同行させてほしい」と申し入れる。そしてクレア、チャーリー、ソフィーの3人は“50年前の愛”を確かめるため、その地域に住む“ロレンツォ・バルトリーニ”のもとを目指し旅に出る。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ソフィー・ホール アマンダ・セイフライド 小島幸子
チャーリー・ワイマン クリストファー・イーガン 阪口周平
クレア・スミス=ワイマン ヴァネッサ・レッドグレイヴ 沢田敏子
ロレンツォ・バルトリーニ フランコ・ネロ 坂口芳貞
ヴィクター ガエル・ガルシア・ベルナル 浪川大輔
イザベラ ルイーザ・ラニエリ
編集長 オリヴァー・プラットカメオ出演

備考[編集]

  • この映画は、舞台となっているイタリア・ヴェローナで実際にジュリエット宛てに届く恋愛相談の手紙に対し、ヴェローナ市のボランティアの女性たちが運営するジュリエットクラブの「ジュリエットの秘書」たちがそれぞれに返事を書いている事実に基づいている。世界各国から年間5000通も届く手紙は言語も様々であるが、英語、フランス語、ドイツ語を含め主要言語に対応している。日本語の手紙に対しては、日本語で返信するという。この映画の影響で、アメリカ公開時(2010年5月14日)からジュリエット宛の手紙が急増し、従来の8倍である40000通を記録。「ジュリエットの秘書」も増員し対応しているという。
  • ヴァネッサ・レッドグレイヴフランコ・ネロはプライベートでも長年のパートナーであり、1969年には息子カルロ・ガブリエル・ネロイギリス脚本家映画監督)が生まれているが、二人が正式に結婚したのは2006年である 。

脚注[編集]

  1. ^ a b c Letters to Juliet (2010)” (英語). Box Office Mojo. 2011年6月15日閲覧。

外部リンク[編集]